‘磐城林業協同組合訪問・林地残材の使用拡大などで雇用を

2月8日、磐城林業協同組合を訪問しました。

浜通り一帯の民間林業事業者が作っている組合で、営林署が縮小する中で林野にかかわる委託事業の受け皿になっており、創立11年・参加事業者は現在17社との事。緑の雇用(雇用の拡大)に貢献してくれており、来年度は25人の雇用を希望しているとの事。さまざまな話の中で、山に捨て置いてある間伐材の利用拡大のために補助金の拡大も有効(1k3円程度の補助があれば動きが出てくる・現在は半分程度)、このことで雇用も相当増えるのではないかなどの話になりました。

対応していただいた組合長の平子作麿さんは、北欧の林業の機械化にはシヨックを受けた、ドイツ・オーストリアは日本と同じ急傾斜地もあるのにと言ってました。

今日は、岩淵とも参議院予定候補・伊藤浩之市議・事務局と私で訪問しました。

写真は、左から平子組合長・私・伊藤市議・岩淵とも予定候補です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください