「県の主導権で市町村を巻き込んで」と、新しい観光対策特別委員会

 10月1日、今日は「新しい観光対策特別委員会」でした。障害者・高齢者が利用できるバリアフリー化の促進、四国のお遍路さんのように滞在型の観光地域資源発掘が必要、等の意見が出てました。私は、スポーツの里ふたばのようにウイークデーの施設利用促進(社交ダンス・パークゴルフ)や、取り組みの水平展開などの重要性を指摘しました。問題は県が主導権を持って市町村を巻き込んで推進をすることで、視察に行った奈良や堺市などはそのことで成功している等の方向が確認されました。

写真は、特別委員会からの帰り、控室のまえで。

写真は、昨日の夕食は、野菜のおいしいHさんのお店で。Hさんが育てたアマリリスの種類の・・?の花。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください