”にげ”さらに、質問封じ

自民党が国会の野党の質問時間を縮める提案をしようとしています。与党と内閣の方針は基本的に一致しているので野党の時間は長くなっているのですが、野党の時間を削ってしまったら国政をチエックする機能が弱まってしまいます。

もり・かけ疑惑の追及や憲法問題など答えたくないのを、このようなやり方で逃げる?のは安部首相の「謙虚にいく」発言にもはや反しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です