福島県議会・自民党が正副議長常任委員会委員長の独占人事。各常任委員会所属決まる

30日、議会人事を決める福島県議会・臨時会が行われました。正副議長、各常任委員会正副委員長を自民党が独占し、民主的議会運営に背を向ける人事を強行しました。民進県民連合も共産党と同一歩調を取り反対をしました。(公明党は自民党の持ち分から常任委員会の正副委員長を1人づつ分けてもらいました)。自民党・27人、民進県民連合・19人、共産党5人、公明党3人、未来ネット1人で、総数55人ですが、この数からみても、自民党のごり押しがわかると思います。

(上は)常任委員会正副委員長に関しての採決。自民党の独占に共産・民進県民連合が反対。

(下は)議長・副議長選挙では、共産党県議団は議長に神山悦子で副議長は民進県民連合の宗方保に投票。民進県民連合は議長に吉田栄光(自民)で、副議長に宗方保に投票しました。投票結果は、議長・吉田栄光(自民)、副議長・柳沼純子(自民)になりました。常任委員会の所属が決まりました。日本共産党県議団は、総務・吉田栄策、企画環境・宮本しづえ、商労文教委員・神山悦子、農林水産・宮川えみ子、土木・阿部裕美子です。議会運営委員会は吉田栄策議員です。議会の窓から虹がきれいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です