福島第二原発廃炉に!全県民の願いようやく・震災の年請願採択呼びかけてから7年

東京電力ホールデングスの小早川社長が14日、福島県庁を訪れ、内堀知事に福島第二原発(楢葉町・富岡町)の全4基を廃炉とする方向で検討すると答えました。2011年3月11日の東日本大震災で爆発事故を起こした福島第一原発の6基と合わせ全10基全部廃炉になることが決定し原発の無い福島県になります。遅きに失した決断ですが、県民と日本共産党などの運動が結果に結びつきました。これからいろいろな課題があると思いますがまずはスタートです。万歳!私は、事故の年・2011年10月20日の県議会本会議場で新婦人県本部が提出した「福島県内すべての原発の廃炉を求める請願」の採択を求め全会一致で採択されました。(上の一覧表のトップ記載の時です)

(上はその時の討論に立った写真です・ブログをさかのぼってごらんいただけます)(投稿日時: 2011年10月20日 投稿者: emiko.m )7年前は若かったね。

(以下はその時のブログの文章です)。10月20日、県議会最終日、「福島県内のすべての原発の廃炉を求める請願」が・・採択されました。私は採択を求めて討論しました。この請願は、さる6月30日に(6月定例議会)新日本婦人の会が提出者で、私が紹介議員になっていたもので、これまで継続審査になっていたものです。原発大震災に見舞われた福島県から福島原発全10基廃炉を求める請願が全会派一致で採択された事は、国内外に原発やめよの声を大きくアピールするものです。原発立地地域で全面廃炉を求める請願が採択されたのは初めてです。採択にあったって他会派はいろいろもめて閉会は6時過ぎにずれ込みました。自民1人・民主2人・無所属2人が退場しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください