「県内の若者の労働環境の改善を」民青同盟が県議会に請願。福島県は全国一長い労働時間。

9月定例福島県議会に、民主青年同盟福島県委員会(松本友子委員長)が「県内の若者の労働環境の改善を求める請願」を提出しました。 内容は、①県内の長時間労働の原因や実態を県として調査すること②県内の事業者に対し、サービス残業の是正や働くルールを守るよう指導の徹底③国の「事業改善補助金・時間外労働等改善助成金」などの周知徹底④県として賃上げや長時間労働の改善に取り組む事業者を支援する支援する制度を独自に取り組むことです。福島県の一人当たり月平均総労働時間は、全国一長く154、6時間(全国平均143、7時間・県の資料)です。県としての早急な取り組みが求められています。

議会で長期宿泊になるので、出かける前に植田駅前とコンビニ前で街宣をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください