「聴覚障害者情報提供施設を」の強い要望・福島県ろうあ者福祉大会

3月6日、いわき市アリオスにて、第31回福島県ろうあ者福祉大会がありました。大会決議では聴覚障害者情報提供施設設置について、平成2年に法制化されて21年がたった、平成12年に県議会請願で満場一致で請願が採択された、しかしいまだに整備されていない(38都道府県・政令市は建設)、県内在住の聴覚障害者約9000人の要望が実現されていない、早急な設置をと決議されました。また、障害者自立支援法の廃止と新しい法律づくりも決議されました。

私は、日本共産党を代表して紹介されましたので、自己紹介を手話でしました。写真は、パンフレットです。カメラを会場に持って行くのを忘れてしまって会場の様子が写せませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください