県独自の災害支援を!など、12月定例会と来年度予算要望、共産党県議団。

27日、日本共産党福島県議団は、12月定例会と来年度予算要望(第一次分)を知事に対して行いました。特に10月の台風19号とその後の豪雨に関して災害救助法や被災者生活再建支援法の適用から外れる部分の県独自の支援や市町村支援などを要望しました。また、自民・公明の安倍政権の下で県民の命と暮らしを守る県政を求めました。下をクイックすると、全文が見れます。

2019年12月議会知事申し入れ_確定版

2020年度県予算編成に関する申入れ第一次_確定版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください