3密避けて傍聴席も使って本会議・ 新型コロナウイルス関連補正予算が585億円提案

4日、祝日ですが福島県議会臨時議会が開かれました。明日までの2日間です。3密避けて議員と議員の間を保つために傍聴席も使って本会議が開かれました。知事執行部側もパラパラと座ってます。新型コロナウイルス関連補正予算が585億円提案れました。主な内容は、医療提供体制を整備するための経費として、医療機関における患者の受け入れ環境整備や感染防止対策、入院病床や軽傷者受け入れ施設の確保の費用、また、雇用の維持と事業の継承を支援するための経費として、中小業者への資金繰り支援の強化、雇用調整助成金に係る事業者負担のさらなる軽減などです。本会議終了後、各常任委員会が開かれました。土木常任委員会は専決処分のみでしたが今議会は一般的事項の質問を認めないと言う委員長の仕切りでしたが、部長報告に対する質問も制限するやり方は問題です。水害対策についてコロナ問題がどのように影響するのかしないのか県民の疑問に答えるべきです。

DSC_0568

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください