「被災地の電気は制限しないでほしい・市町村を原子力賠償の窓口というが専門家はいない」副 市長と懇談・高橋ちづこ衆議院議員・山下よしき参議院議員 いわき市に(1)

高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員が東日本大災害と原発災害問題で来市しました。渡辺市長が市長会で留守だったので鈴木副市長の対応でしたが、日本共産党からの2度にわたる義援金にお礼を言いながら、被災者は今の指示メニュウーではホローできない、要望は取り入れていただいているが政府は場当たり的で現場は混乱している、被災地の電気は制限しないでほしい、原子力賠償は市町村が窓口になるようだが専門家がいないなどの要望をいただきました。また、原材料が県外産でも、加工工場が福島というだけで売れないなどの風評被害もある風評被害に対する補償、国が安全宣言を責任を持って安全宣言を出すようもとめました。
写真は、鈴木副市長と懇談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください