外で遊べなくなった子どもの絵はさびしい・保育園の園庭の表土撤去を・かかる費用の補償を・高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員いわき市に(4)

保育所では放射能問題で要望をいただきました。外で遊べなくなった子どもの絵は寂しくなるといいます。園庭の表土をはいでほしい、線量計だけでなくどこが放射能が高いのか良く知って子どもに対応したいので、放射能測定機もほしいと要望がでました。また、放射能の影響を防ぐために空気清浄機を買ったりたまには放射線の影響が少ないところにつれていって砂遊びなどさせたい、そのためにかかる費用がほしいとの要望も受けました。


写真は、3月11日前の、外遊びができてた時の絵(にぎやかにいろいろ描いてあります)


写真は、外遊びができなくなった時の絵(寂しい画面です)

写真は、屋内広場で説明を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください