政治は動く!世論によって!福島県も大激変!脱原発で全会派一致

22日の福島県議会災害対策特別委員会の論議を経て、昨日 、自民・民主(県民連合)の会議がもたれ、どちらも脱原発の方向が決まったとのことです(地元新聞報道)。今まで原発推進・増設まで求めていた方向とは大きく変わりました。世論の力です。しかし報道によると内容は温度差がある、背景に選挙や支持母体の問題があるとのこと。世論をますます強めていくことが必要です。
昨日の23日、日本共産党の志位和夫委員長は、国の「原発安全宣言」にもとづく再稼働要請の撤回を枝野官房長官に求めました。「水素爆発防止対策」も原子炉に穴をあけるドリルを備えておくなどという姑息なやり方で、IAEAが上げた「地震対策の強化」も全くとられていないというひどい内容だということなど厳しく指摘し撤回を求めました。(詳しくは赤旗新聞をご覧ください)。私のブログの右から日本共産党中央委員会にリンクもできます。


写真は、前回は脱原発で一致したと報道している地元新聞


写真は、小手先の取り繕いで「安全宣言」を出した国に撤回を求めた赤旗新聞の報道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください