「原発事故の早期収束・いわき市に復興庁ならびに原発関連の研究施設を」「国策で進めた原発事故は国策で収束を」・いわき市の経済復興推進会議

25日、いわき市経済復興推進大会があり出席しました。商工会議所の小野栄重会長の挨拶の後、各界から意見が出され、いわき市の経済は原発事故でもう待てない瀬戸際になっている、一刻も早い対応をと求めました。放射能の検査体制で安心をアピールしたい、漁に対する検査は1刻も早い結果が必要、放射能に対する検査の信頼を勝ち取ること、いわきで原発問題のワンストップ対応ができる組織と人の配置を、新エネルギー基地をなどの意見が出ました。また、政治の対応が遅すぎる、政治に失望している、1万人位のデモをやりたいなどの声も出されました。
写真は、会場にて


写真は、各界の意見


写真は、国会議員に要請

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください