自民党代表質問・「安全神話を信じて推進してきた事を深く反省し今後一切推進しない事に決定した」。知事・「原子力に依存しない社会を目指すべきと思う」

27日、自民党の代表質問でした。代表質問に登壇した斎藤健治議員は原発について、「40年以上安全神話を信じてを推進してきた、深く反省をし今後一切推進しないと決定した」と言いました。 斎藤議員は、昨年12月1日に「原子力発電所を・・建設する費用は景気対策からいっても(大きい)。 東京電力に(建設を)強く働きかけるときではないか・・知事は勇断をもって決意すべき」と、代表質問をしたばかりでしたが180度の変わり身です。それだけ県民の声は深刻なのです。
佐藤雄平知事は「原子力に依存しない社会を目指すべきという思いだ」と答えました。
写真は、議会が終わって控室に帰ってほっと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください