「TPP反対決議・原発全面廃炉請願・改選前議会のどたばた劇」議会報告会

25日、議会報告会をしました。皆さんに、10月20日に閉会した福島県議会が、2つの大きな問題で採決が行われたことを報告しました。

1つは、「TPP反対の決議」は、自民・公明・共産の賛成で採決されました。民主・社民は退席しました。写真は、TPP反対決議の採決(真ん中の民主・社民・退席)


2つは、「原発の全面廃炉を求める請願」は、自民・民主・社民・公明・共産の賛成で採決されました。民主の2人と自民の1人、無所属等の2人の計5人が退席をしました。前日の企画環境常任委員会では、自民・公明が反対しましたが、次の日態度を一変させて賛成になりました。(自民党の常任委員長は退席しました)。写真は、原発全面廃炉を求める請願採択(退席した議員の席が目立つ)


写真は、TPP反対の決議の採択に対し退場する、民主・社民の各党の皆さん。

当日は採決をめぐって3時間以上空転をしました。それにしても前日に反対をして、当日に賛成をするなどということで、県民に信頼を得られるでしょうか。議員からも常任委員会と本会議の判断が異なるのはおかしい、ルールを無視するのは議会運営の秩序を乱すなどの批判が出ました。報告会では「選挙目当てのドタバタ劇というほかないね」「国との矛盾が出た」という人もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください