「安全神話に取り込まれた保安院から規制庁に大量の職員が移ったが規制はできるのかの質問に、懸念はあるが肝に銘じてやると」・「東電は福島原発全基廃炉は未定」と・エネルギー政策議員協議会

19日、エネルギー政策議員協議会が開かれ、発足して1か月の原子力規制委員会と東電を招いて会議が開かれました。長谷部議員が、「安全神話」に取り込まれた保安院から規制庁に大量の職員が来たが規制できるかとの質問に、原子力規制庁の山本哲也審議官は「懸念はあるが肝にめいじてやる」と答えました。


午後からは、東電です。広瀬直己社長ほか小森明生福島第一安定化センター所長などが出席しました。福島県は全基廃炉を目指しているが東電の考えはどうかの質問には「未定」と答えました。

写真は、原子力規制委員会の質問に立つ長谷部議員と傍聴する県議団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください