不適正除染や働く人の条件改善など、日本共産党除染問題国会調査団・環境省福島環境再生事務所と厚生労働省福島労働局を調査

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

23日、笠井亮衆議院議員など日本共産党除染問題国会調査団が環境省福島環境再生事務所と厚生労働省福島労働局を調査しました。県議団と県労連のみなさんも参加しました。
この問題は、放射線量が高く国直轄で行われているところで不適切除染問題などが報道され、働いている人に危険手当なども払われていない問題で改善が求められていることなどでの対応です。
不適切除染は、除染そのものに不信が広がってきている、故郷に帰還を求めている方にも大きなダメージを与えるものになる、さらに働く人の健康管理など問題は大きいことなど、早急な実効ある改善を求め、国にも一緒に要望をつよめて行くことを確認しました。

写真は、環境再生事務所で・中央は笠井衆議院議員

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、再生事務所の入り口で

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、労働局の入り口の最低賃金の看板

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、労働局で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください