「第一原発敷地内の地下水海洋放出は抜本的解決となりえない・国に全面的責任を求めよ」政調会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

24日、日本共産党福島県議団として、6月定例議会に向けて執行部に概要の説明を求める政調会を開きました。総務部からは、予算要求規模は概算
で約500億円と説明がありました。第一原発敷地内の地下水海洋放出は抜本的解決となりえない・国に全面的責任を求める立場こそ重要な事などを求めました。
これらを含めて、これまで県議団として調査をしてきた県民要望を取りまとめて、5月30日に知事に要望書を提出します。

写真は、政調会で執行部に質問

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、会議の合間を縫って、宮本議員の誕生日で3時にケーキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください