共産党志位委員長「汚染水問題危機打開の緊急提言発表。各団体の要望聴取会

17日、日本共産党の志位委員長は、原発への態度や将来のエネルギー政策の違いを超えて、汚染水問題にすべての政党・科学者・技術者・産業界の英知と総力を結集しようと呼びかける提言を発表しました。提言の内容は〇放射能で海を汚さないこと〇現状の徹底調査公表と終息宣言の撤回で非常事態という認識の共有〇再稼働と原発輸出の停止でもてるすべてを集中する〇東電を破たん処理しコスト優先と安全なおざりを正すです(詳しくは共産党のホームページをご覧ください)。
共産党福島県議団は早速、知事・県議会議長・他会派・各部長に提言を説明しともに力を合わせることを呼びかけました。

DSCF3209

写真は、内堀副知事に「共産党志位委員長・汚染水問題危機打開の緊急提言」を説明

DSCF3221
写真は、同提言を斉藤議長に説明

DSCF3227
写真は、同提言を自民党会派に説明

DSCF3205
17日、日本共産党県議団は、来年度予算要望を中心に各団体からの要望聴取会を行いました(~20日までです)。
写真は、要望聴取会・腎臓病協議会から説明を受ける

DSCF3196
写真は、要望聴取会・夜間中学を作る会から要望を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください