「人災でない」と東京電力・福島地域支援室長、除染や避難者への加害責任まったく見えず・住民団体の東電交渉で

25日、原発問題福島県連絡会(代表・早川篤雄)といわき市原発の安全性を求める会(代表・長谷部あつし)と共産党県議団が、東京電力(株)・福島地域支援室長・林孝之氏に申し入れを行いました。私は特別委員会があって打ち合わせのみで参加できませんでしたが、室長は副社長が個人的見解といいながら「人災と思う」と述べたにもかかわらず、「天災だ」と答えたり、除染や避難者に対する責任がまったく見えなかったと参加した方々は感想を述べていました。


写真は、東電交渉


写真は、東電交渉で小林孝之室長


写真は、議員団控室で打ち合わせ、
私は特別委員会のため交渉には出られませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください