コロナ問題で要望をお聞きしながら団体訪問・懇談

6日、コロナ問題で要望をお聞きしながら各団体を訪問し懇談しました。商工会議所・全港湾労組・小名浜機船底曳漁協・小名浜生協病院・医師会です。いわき法律事務所も。

商工会議所は小林岩明〇〇さん、小野英二総務理事と懇談。事業者がもうからなくてもいいから生きていけるように、スピード感を持って。湯本のホテルは1万泊減(3月初めで)、政府の支援制度は何事も時間がかかる、落ち着いたら向かう方向も視野に入れて等要望をいただきました。

全港湾労組との懇談では、家族もかかったら躊躇なく休めるように不利益がないように、労使協定今日結ぶ。緊急事態で東京から戻ってくる人が多くなるので検査体制の充実をなど。

小名浜機船底曳漁協では、柳内孝之理事が対応、汚染水問題では県だけでなく全国が反対。社会的経済的影響は計り知れない。今後の水揚げ拡大も(現在14%・量)設備投資も先行き不安ではできない。毎年原発視察をやっているが、ロードマップに再浄化計画が入っていないと言われた。今後いわき市でも汚染水問題の意見聞く会をやってほしい等。

小名浜生協病院では、マスクは今のところ5月いっぱいくらいはある。消毒液はない。脆弱ないわきの医療体制では不安、ベットは空いていない、感染者が増えれば非常に心配、対応できない。また、自粛で高齢者が閉じこもることが心配、何とか工夫をしたい等。

医師会では、病院に行くことが控えられている、経営に響いている、ドクターはリスクがあっても診療するが、政策が場当たり的で108兆円の中身がわからない等。と

日本共産党福島県議団・コロナ対策と原発汚染水に関する聴取会のあり方について申し入れ

日本共産党福島県議団は、4月2日、「コロナ対策」と「原発汚染水に関する聴取会のあり方について」の申し入れを行いました。


新型コロナ対策では、
検査体は、無症状でも濃厚接触者として自宅待機を求められている人にはPCR検査を行うこと、学校の再開の可否を含めて検討するとともに、再開の場合はマスクや消毒液の確保、体温管理するための体温計の配備など、事前の準備に万全を期すこと、オーバーシュートの可能性も視野に、医療崩壊を招かないよう財政措置を前提としたベッドの確保、自粛と補償をセットにした事業者支援策を国に求めること、コロナに関するワンストップの相談窓口を設置すること等です。

第一原発の汚染水処理についての公聴会では、

(4月6日に国が開催予定)では、知事が意見表明を行うにあたって、海洋放出に漁協はじめ県民の多数が反対していることを踏まえて、その県民の意思を明確に述べるよう求めました。公聴会は各団体の代表の意見を一人15分程度ずつ述べるが、コロナ対策もあり入れ替わりで一人ずつ意見開陳する形式です。傍聴も認められず開かれた公聴会とはとても言えない事。コロナのどさくさに紛れてアリバイ作りのようなことではなく、コロナが収まった段階で広く県民の意見を聴くにふさわしい場とやり方を検討するよう求めるべきとしました。

新型コロナ対策で街宣・アンケート【母子家庭や年金暮らしでの優しい対応、優しい国になって欲しいです】と。

新型コロナ対策での街宣を行っています。手を振ってくれる方が多いです。 また、日本共産党いわき双葉地区委員会が行っている、新型コロナ問題等のアンケートが地域からいろいろ寄せられています。その中で不安の中で頑張っている一人親家庭からのアンケートがいたく心にしみました。アンケートに、給付金の話が出ているけど、決定した段階で発表してほしい、変な期待を持ってしまう!と・・・・。匿名だったのでお話が出来なかったのですが、このような思いを受け止めて頑張りたいと思います。

新婦人のお花見。感動の作家野坂昭如氏の言葉

新婦人のお花見でした。パラパラと歩って眺めながらでしたがとても素晴らしかったです。いわき市泉町大剣公園の桜です。母が存命の時、母の友人を車いすでしたが誘って桜見物に行きました。とても喜んでくれたことを思い出しました。作家・野坂昭如氏の原発反対の言葉です。「原子力平和利用は、現在生きているわれわれが、未来の人類の声明財産、人間らしい生き方、人間にふさわしい自然環境を収奪破壊することで、当面の文明を支えようという企みである」(赤旗コラムより)

4月6日福島市・福島原発汚染水の意見を聞く会

4月6日(月)13時20分~14時30分、福島市ザ・セレクトンにて、福島原発汚染水の意見を聞く会が開かれます。正式名「多核種除去設備等処理水の取り扱いに係る『関係者のご意見を伺う場」が開かれます。しかし、当日の傍聴はなしで意見も言えません。前もって決められた人のみです。当日はインターネット中継を行うとの話(経産省ホームページ)

「自粛と補償は一体・感染防止に欠かせぬ」とコロナ対策街宣。近所の花々。

30日、「自粛と補償は一体・感染防止に欠かせぬ」とコロナ対策で定点街宣を行いました。早朝勤務帰りの方が一緒にプラカードを持ってくれました昨日は寒さがぶり返し、佛具山の雪がきれいでした。それでも、近所を散歩したら春満開でした。まずいろいろな桜が。

竹林も。若芽も。そして様々な草花など。

日本共産党の新型コロナ対策で街宣・「頑張って、マスクが欲しい」等声がかかる

28日、日本共産党の新型コロナ対策で街宣をしました。「頑張って、マスクが欲しい」等いろいろ声がかかりました。訪問活動では、日本共産党のコロナ対策「Q&Aパンフ」歓迎されます。それにしてもマスク・マスクの要望が皆さんから。街宣場所に、かわいらしいチューリップの花が。