「いわき市遠野町に計画中の二つの風力発電事業にかかわる保安林の解除及び発電事業を認めない事を求める要望」友の会の皆さん

18日、上記の要望で遠野の環境を考える友の会の皆さんが福島県に要望しました。要望事項は、①災害の危険を高め、地域の水利用に支障をきたす等、住民の生活環境に重大な悪影響を及ぼす可能性のある二つの発電事業の実施のための、当該地域の保安林の解除は認めない意見を国に提出してください。②国の改定ガイドラインの観点からも、住民合意が得られていない二つの風力発電事業については認めないよう国に意見を提出してください。という内容です。反対署名数は積みあがって事業説明会開催地地域で1488人、近隣地域も含めると2646人人分です。県からは、エネルギー課小林課長・武内主幹、森林保全課宮田副課長、環境共生課鴨田副課長、砂防課近内副課長が対応してくれました。要望の中では、集中立地の風力発電事業は圧倒的反対の署名数からして住民の理解があるとは到底ない状況、土砂災害の危険や水資源に与える重大な悪影響を考えても、また、国の「新ガイドライン」の観点からしても、住民の立場で国に意見をしてほしいと求めるものです県に対する要望の後、会の皆さんは記者会見を行いました。申し入れ書は下記をクイックしてください。

友の会要望2018年6月18日

 

第二原発廃炉よかったですね・軍事費削って医療と福祉に・浜通り生協挨拶

17日、浜通り医療生協総代会で日本共産党いわき双葉地区委員会を代表してご挨拶をしました。主な内容は次の通りです。初めに、福島第二原発廃炉決定をよかったですね。私の所にもよかった、よかった、みんなで頑張った甲斐があった涙がこぼれたなどの喜びの声が寄せられています。7年たちましたが、皆さんと頑張った結果だと思います。さて、今日は、第40回総代会おめでとうございます。日ごろからの皆様方の生協活動本当にご苦労様です。地域に根付いての市民の健康づくり暮らし応援の活動は、高齢化社会の中で、また、医療や福祉が厳しさを増している中で本当に大事になってきていると思います。今日の総代会で立派な活動方針を練り上げていただくことを期待しております。それにしても、安倍政権一体どうなっているのでしょう。森友・加計疑惑・公文書隠ぺい改ざん、一国の首相が国会の場で嘘をつく、そんなことが許されたらこの国の民主政治はなり立ちません。自衛隊の日報隠・憲法9条改憲策動、今度は、毒を食らわば皿までと、働かせ方大改悪・カジノ法案の強行とあきれるばかりです。(上・下の写真は自宅の玄関付近)来年は、参議院選挙です。野党がまとまって2年前の参議院選挙のようにこの地域からも安倍政権ノーの声をあげていきましょう。米朝首脳会談も実現しました。紆余曲折もあると思いますが、日本は憲法9条を持つ国として平和のリーダーシップを取るよう求めていきましょう。平和が広がれば軍事費拡大の口実も言えなります。軍事費を削って医療や暮らしに回す予算をもっと増やせと声をあげていきましょう。日本共産党も皆さんとご一緒に暮らしよい地域、医療環境を前進させるために頑張ってまいります。

福島第二原発廃炉に!全県民の願いようやく・震災の年請願採択呼びかけてから7年

東京電力ホールデングスの小早川社長が14日、福島県庁を訪れ、内堀知事に福島第二原発(楢葉町・富岡町)の全4基を廃炉とする方向で検討すると答えました。2011年3月11日の東日本大震災で爆発事故を起こした福島第一原発の6基と合わせ全10基全部廃炉になることが決定し原発の無い福島県になります。遅きに失した決断ですが、県民と日本共産党などの運動が結果に結びつきました。これからいろいろな課題があると思いますがまずはスタートです。万歳!私は、事故の年・2011年10月20日の県議会本会議場で新婦人県本部が提出した「福島県内すべての原発の廃炉を求める請願」の採択を求め全会一致で採択されました。(上の一覧表のトップ記載の時です)

(上はその時の討論に立った写真です・ブログをさかのぼってごらんいただけます)(投稿日時: 2011年10月20日 投稿者: emiko.m )7年前は若かったね。

(以下はその時のブログの文章です)。10月20日、県議会最終日、「福島県内のすべての原発の廃炉を求める請願」が・・採択されました。私は採択を求めて討論しました。この請願は、さる6月30日に(6月定例議会)新日本婦人の会が提出者で、私が紹介議員になっていたもので、これまで継続審査になっていたものです。原発大震災に見舞われた福島県から福島原発全10基廃炉を求める請願が全会派一致で採択された事は、国内外に原発やめよの声を大きくアピールするものです。原発立地地域で全面廃炉を求める請願が採択されたのは初めてです。採択にあったって他会派はいろいろもめて閉会は6時過ぎにずれ込みました。自民1人・民主2人・無所属2人が退場しました。

「マスコミが入ったから住民説明会はやらない!?・遠野風力発電」

13日、(仮称)遠野風力発電事業の環境影響評価方法書の事業者による住民説明会が行われる予定でしたが延期になりました。事業者は、アカシア・リニューアブルズ株式会社、親会社はマッコーリーキャピタルという外国企業。この説明会は午後6時30から遠野町入遠野公民館で予定でしたが、マスコミの取材を認めろ、認めないでもめにもめ結局中止・延期としました。
説明会参加者は、取材をさせないのはおかしい、参加できない住民にも知らせる義務があると事業者に求めました。全国的に風力発電事業は問題が続出し、国(資源エネルギー庁)も、住民合意が大前提であることを強化したガイドラインの改定を行いました。住民に広く知らせる手段としてのマスコミの取材をさせないこと言うのは、住民無視と言わざるを得ず、許しがたい態度で、建設する資格のないものです。今後の説明会の計画は上の通りです。◎14日(木)入遠野公民館・午後3時~。◎15日(金)三和ふれあい館・午後6時半~。◎19日(火)古殿公民館・午後6時半~。

勿来ひと・まち未来会議総会。ポレポレ小名浜内覧会

11日、勿来ひと・まち未来会議の総会でした。町の活性化に貢献してくれてますが、特に原発事故で役場ごといわき勿来に避難してきている「双葉町」との交流支援に頑張ってくれてます。挨拶をする双葉町の井沢町長。

いわき小名浜イオン内にできた映画館「ポレポレシネマ」の内覧会に行きました。福島県内一と言いますが、どのくらいの集客が採算なのでしょうか。ちなみに一昨日のイオン全体の内覧会では、駐車場での車の置き場に迷い、今日は傘のおいてある場所が分からなくなりました。

全国植樹祭in福島

6月10日、全国植樹祭が福島県南相馬市原町区雫地区で行われました。小雨が時々降りましたが、何とか持ちました。7年3か月前の大震災原発事故で壊滅的打撃を受けましたが、今はそんな感じは全くなく、堤防も道路もピカピカになってました。ただ周囲に田んぼはなく菜の花がきれいでした。県内各地の芸能やパフォーマンスがにぎやかでした。孫のるかちゃんが合唱に出てたと言いますが、広くてたくさんの人でどこにいるかわかりませんでした。地元食材中心のお弁当。

共同センター署名

月2回(場所は別)の憲法9条守れの3000万人署名は、勿来地域だけで1500人を突破しました。今日は、「いつも頑張ってるね、励まされてるよ」などの声がかかりました。子どもも一緒に、お母さんやお父さんや家族の方とお話ししながらやってくれるのがうれしいです。

イオンモールいわき小名浜店開店

【上はイオン全景】

9日、イオンモールいわき小名浜店開店に先立ち内覧会がありました。敷地面積・約44、000㎡、延べ床面積・約93、000㎡、総賃貸面積・約50、000㎡、建物構造・鉄骨5F、駐車台数・約1、300台(+アクアマリン2、400台)駐輪台数・約350台、開店2018年6月15日。

イオンモールができた場所は、海のすぐ脇で近くに様々な施設があります。【写真下は、人工島への橋、アクアマリン、ららみゅう】震度5以上の地震等の場合は、営業時だけでなく閉店後の夜間等も、ペデストリアンデッキと接した店内通路や屋上が自動的に空き・解放され、トイレや飲料水も確保されるとの事。

【写真上は、ペデストリアンデッキ海側と店舗側】

民間がリスクをとって復興に貢献した(吉野復興大臣)、大型船が接岸できるようにして客を呼ぶ(増子参議院議員)などのあいさつがありました。年間700万人の集客予定(アクアマリン200万人・ららみゅう160万人)と聞きましたが、若い人向けだなぁと思いました。いわき市の中心部・平の状況はどうなるか、小名浜近辺はどうか、高齢化の中でどのようになっていくか、様々な問題も予想されます。今日は駐車場はがら空きでしたが、やっぱり自分の車を探してしまいました。

日本共産党福島県議団・福島第一原発視察

6月7日(木)日本共産党福島県議団は、大事故から7年3か月の福島第一原発を視察しました。楢葉町にある旧エネルギー館で一定の説明と準備をして東電が用意したバスで双葉町と大熊町の境にある福島第一原発に向かい、新事務所本館でさらに入るための準備チエックなどを行いました。【まず食堂で働く皆さんと食事】

【それから準備をして敷地内に】大橋さおりさんも一緒に。

最初に「事故原発の視察をしたのは、爆発事故を起こした2年後2013年でしたが、その時は手袋3枚・靴下3枚・防護服・全面マスクで、ガムテープで念入りにシールしましたが、今回は手袋2枚・靴下2枚・布マスク・作業服でした。今回はバスの中からの視察が中心ですが、⑥の(上の地図参照)現場ではバスから降りて説明を受けました。放射能は130~140μシーベルト位でした。ちょうど1号機のがれきの上をクレーンで釣り上げた蛸型の機器から飛散防止剤を空中散布しているところでした。もちろん遠隔操作で。

①免震重要棟②高性能多核種除去設備③増設多核種除去設備④多核種除去設備⑤タンク群⑥1~4号機原子炉建屋外観俯瞰・地下水バイパス(バスから降りて)⑦4号機原子炉建屋・サブドレンピット⑧凍土式陸側遮水壁⑨海側施設⑩非常用ジーゼル発電機6B⑪雑固体廃棄物焼却施設⑫サブドレン浄化装置⑬固体廃棄物貯蔵庫第9棟⑭乾式キャスク仮保管所です。

【下図は原発を囲む凍土壁・汚染水増加対策、汚染水発生状況】最後に、また、旧エネルギー館についてから、質疑応答で、汚染水・トリチューム水・中間貯蔵・各原発の状況・防潮堤・取り出し燃料・労働者問題等多様で時間も予定を1時間もオーバーで熱心な視察でした。(原発敷地内の写真は自由に撮れないので後ほど手に入ったら掲載します。

総勢17人で(先に帰った人2人)、いわき方面からは6人でした。

説明受けた原発の状況。上から4・3・2・1号機。

遠野風力発電説明会。森友はトカゲのしっぽ切?!。

風力発電の集中立地で大問題になっている、いわきし遠野地区で三大明神風力に続いて今度は(仮称)遠野風力発電の建設計画の説明会があります。住民説明会は入遠野公民館は、6月13日(水)午後6時30分から。上遠野公民館は、6月14日(木)午後3時から。参加してご意見を。(下の案内は会社が回覧板で)【上のチラシは考える友の会発行】

麻生太郎財務相は5日の閣議後会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書(かいざん)問題をめぐる自身の責任について問われ、「進退については考えていない」と述べ、辞任する考えがないことを改めて強調した。皆さんトカゲのしっぽ切と言ってます。【下の漫画は週刊赤旗新聞より】