福島県・いわき市の医師確保など、第8次福島県医療計画(案)の概要の勉強をしました。

19日、20日、連続して医療問題の学習をしました。

第8次福島県医療計画(案)の概要

DSC_4346

納得いかない、いわき市の基準病床数、今より337も減らす。(赤は第7次計画)

DSC_4348

いわき医療圏の課題

DSC_4348

第8次(前期)医師確保計画の概要。医師偏在指数、福島県は42/47・全国。いわき市は二次医療圏で、270/330位。

DSC_4346

医師確保目標(目標医師数)

DSC_4347

医師確保のための主要な施策

DSC_4347

いわき市の医師確保問題は全く不十分ですが、19日、いわき市長の本会議の答弁では、いわき市の常勤医は、過去3年で21人増加。今朝の福島民報10 面、福島民友11面で掲載、市議会代表質問での答弁です。
医師の働き方改革は、あって無きが如くのような説明。

5年前の誕生日の文章再録、誕生日嬉しくもあり嬉しくもなし

2月14日の誕生日にあたり、5年前の誕生日に書いた文章を再録しました。

自分の誕生日にして母を思う。母は10年ほど前に83歳でなくなった。戦後のどさくさの中で私を生んだ母は、満州(今の中国東北部)から赤ん坊の私を連れて、無蓋車で大陸を横断し、 船底に揺られ内地(日本)にたどりついた。
屋根のない列車は赤ん坊の死につながる。母は、貴重なこうもり傘で太陽と雨露をしのいでくれた。傘をよこせと軍人・現地人に何度も銃を胸元に突き付けられたが死ぬ時は一緒にとはなさなかった、と。21歳の母親が。戦争は駄目だといつも言ってた。何故戦争は起こるのか、疑問は『戦争反対に命をかけた共産党』を知ってから解けた。9条守れはわたしそのもの。73歳、全てをかけた参院選がやって来る。

避難区域の地方議員の要望等を聞く。医療介護の減免措置は継続してほしいと。「映画の津島」案内。

14日、共産党議員団で、避難区域の皆さんの要望等を聞く会を開きました。佐藤八郎共産党飯館村議、馬場積さん元浪江共産党町議、福島原発事故被害から健康と暮らしを守る会佐藤龍彦事務局長の皆さんです。

医療・介護の減免措置が段階的に縮小・廃止される問題、特定復興再生拠点区域のインフラ整備や、特定帰還居住区域の除染・解体問題、こうした区域以外の帰還困難区域をどうしていくか国が方針を示さない問題など、課題が山積です。馬場さんからは、「是非、国・東電交渉をやってほしい」と要望が出されました.。

帰還困難区域に設定された特定復興再生拠点で避難指示が解除されて1年になることから、解体除染の申込期限が今年度末で終了となるが、まだ決められない人もいる。いくら避難指示が解除されても、津島では空間放射線量は1mで3μシーベルトと言う所もある。インフラ整備も進まず、生活用水の確保は復興住宅は旧津島支所から引いているが、個人の住宅は井戸を掘るしかない、商店も無く買い物ができないため、津島に帰還したのは現在2世帯だけとのことで、安心して帰還できる状況ではないと言いました。

3月22日~28日まで、フォーラム福島、12時半から、1800円

DSC_4371