住吉集い・盛りだくさんの話題。川部街宣。

14日、住吉集い、熊谷、宮川参加。汚染水・原発問題、コロナ対策、水害対策、バス・給食費無料化、野党共闘等など盛りだくさんの対話。

DSC_0343.JPG

DSC_0339.JPG

DSC_0338.JPG

大雨の中流し宣伝で頑張りました。川部地域。

HORIZON_0001_BURST20210414105612332_COVER.JPG

いわき市長にPCR検査を大きく拡大するよう申し入れ

12日、日本共産党いわき市議団(菅野宗長・高橋明子)と熊谷智いわき双葉地区委員長は、いわき市長にPCR検査の拡充などを申し入れました。いわき市は認識の甘さから1カ月以上も前から症状が出ていいたのにもかかわらずPCR検査を行わず、感染を広げクラスターを引き起こしている例もでています。

汚染水海洋放出反対!スタンデング!

高橋ちづ子衆議院議員が菅首相に「今汚染水放出か!放出中止せよ」の質問をしました。県議団も昼休みに福島駅前で復興共同センターの皆さんとスタンデングをしました。 官邸前でも抗議行動が行われました。伊東原住連共同代表、高橋衆議院議員、岩淵参議院議員。

夕方の報道。

12日(月午前11時24分~テレビ中継)共産党・高橋ちづ子衆院議員・汚染水海洋放出について首相に質問。漁業者の生の声を聞く

日本共産党・高橋ちづ子衆院議員が汚染水海洋放出について菅首相に質問することになり、10日、急きょ現地調査、漁業者の生の声を聞きました。いわき漁協の勿来支所と久ノ浜の漁協を訪問し懇談しました。岩渕とも参院議員と一緒です。

勿来漁協では、船に乗りたいと31歳と29歳の息子が後を継いだ、ヨシやるぞの気持ちを考えてほしい!!などの声。【写真は、茨城県境の九面(ここずら)・勿来漁港で】 漁業者は原発事故で苦しい思いをしてきた、傷に塩をぬるようなことだ、魚を取らないと漁業者じゃない!本格操業をやろうというのになんで今なんだという声。【写真は、久ノ浜漁港で」】

高橋議員フェイスブックで、福島県いわき市 浜の怒りを感じて。

晴天のいわき市。海が美しい!けれど、漁民は怒っています。菅総理が汚染水の海洋放出を13日の閣僚会議で正式決定すると報じられているからです。急きょ、いわぶち友参議院議員とともに、いわき市に行き、勿来(なこそ)と久の浜漁協の皆さんと懇談しました。宮川えみこ、吉田えいさく両県議、くまがい智地区委員長・福島5区予定候補と。3月末で試験操業が終わり、ようやく本格操業というときに、なぜ今か?と怒りが次々と。

福島県いわき市

テレビ中継は【12日(月)午前11時24分予定】です。