三大明神風力事業者工事計画提示

いわき市遠野地区に計画されている巨大風力発電事業について、2021年9月20日、遠野地区の回覧板で回ってきたものです。 遠野地区に居住されている多くの皆さんが、山頂に大規模な工事用道路・林道わ作ることで、土砂災害や生活用水の枯渇・汚濁を心配していますが、国も県もいわき市も何の規制もさせず作ることにゴーサインをしています。今後の対応が求められます。

お彼岸・お墓参りに

お彼岸のお墓参りに。今回は、夫・嫁さん・孫・弟・私の5人です。草はほどほどはえてました。暑い日です。お墓参りは、何年ぶりにあった人など、若い人も、多かったです。お墓の管理料金が、年間1000円、お墓を買うのが坪5万円とか、相当安いねなどが話題に。

おはぎは、いつも絵を提供してくれる、元共産党都議の吉田さんが手作りしたもの。フェイスブックから。近かったらもらいに行くのにね。見るだけで我慢。

福島県議会9月定例会開会・日本共産党代表質問は24日、一般質問は29日。

21日、福島県議会9月定例会開会が開会しました。今日は知事が提案要旨を説明しました。

新型コロナ対策、避難地域の復興・再生、環境回復(原発・汚染水)、風評・風化対策、産業政策(再エネ等)、農林水産業の再生、県民の健康増進、子ども若者育成、インフラの復旧等、地方創生・人口減少対策についてなど。また、福島県の新たな総合計画案、福島県2020年度決算、補正予算等です。 日本共産党代表質問は宮本しづえ議員が24日・午後1時からで、ラジオ福島で放送されます。ネットでも見れます。一般質問は神山悦子議員で、29日午後2時過ぎからで、ネットで見れます。

新年度畜産振興に関する要望を受けました。

民青めひかり班フードバンクのお礼が。

19日、フードバンクをご利用された皆様、暑い中ありがとうございました! 開始当初はバタついてしまいすみませんでした 。青年の方はもちろん、母子家庭の方のご利用も多く、政府の支援体制の脆弱さが浮き彫りになったような思いでした。画像民青のフードバンクのお手伝いをしていて、やはり学生・青年の方はもちろん、母子家庭のご利用も多いこと、一度に持っていく量が増えていること、フードバンクに対する抵抗感がないことに気づきます。このタイミングで政権交代しなければならないと思います。

母子家庭の利用割合が回を増すごとに増えており、支援が急がれるべきだと思います…! そして民青で活動している世代もきっと金銭的に余裕のある方は少ないだろうなと思い、自助共助の限界を感じる日々です (実際、めひかり班の班員もそうなので)