各地域からの情報・いわき市入遠野

入上地区では入遠野川から水が上がったところがあり、農協の(?)稲の育苗用ハウスが大破。川沿いの家もあわやということに。ガードレールが外れているところも。
ただ、被害としては大平地区のほうがひどく水が上がったようです。 入遠野東山さんより・2019年10月14日提供

いわき市と福島県に要望・「日本共産党いわき双葉地区委員会台風19号災害対策本部」立ち上げ。

14日、日本共産党いわき双葉地区委員会と県議団・市議団は、市内各地域からの要望を受けて、いわき市と福島県に第一次分の要望活動を行いました。 また、「日本共産党いわき双葉地区委員会台風19号災害対策本部」立ち上げ、いわき市でも平地区を中心に大きな被害になっている地域の支援対応等話合い支援活動を行なうことにしました。【下・いわき市に要望】【上・県に要望】【下・要望書】

20191014緊急要望書

遠野町滝地区・大平地区、田人地区等調査、台風19号災害。

13日、台風19号から一夜明けた今日、遠野町滝地区・大平地区、田人地区等の要望を受けて、被害調査に行きました。(急ぎ書いているので地名等正確でないかも?) 遠野町滝地区は鮫川にかかっている橋まで水位が上がり、流木が橋に引っ掛かり広域に激流が広がりました。このため河川の堤防が崩れ河川脇の家々の崖が崩れたり家に水が入ってしまいました。物置の機械が流されてしまいました。堤防沿いの市道も通れなくなっていました。県道の下がえぐれている等見逃しやすいが危険な所の要望。

床上70センチも水が上がった家等床上床下浸水の家々が。泥片付けの方は「災害ごみ」を持っていってほしいと。遠野大平地区の方は、上遠野川が3か所がけ崩れがあり、河川がせき止められダムに状になって水が家に押し寄せた、道路の泥は急ぎ撤去してもらったが、大量に入った側溝の泥上げ要望される。

田人荷路夫地区の林道?の橋が流された、何とかならないかと。

井戸沢の石屋さん、水が上がって機器類が水浸しで使えない・事務所もひどい、仕事を続けられないと。

遠野大平地区。3か所がけ崩れがあって川がせき止められ、広域に激流が広がった。トラックが上流から流されてきた。

上遠野川があふれ出し、主要道路に大量の土砂が、やっと夜遅く開通。

植田町根小屋地区にある、天神川・根小屋川の水を鮫川に排水するポンプの能力不足で飲み込み切れないと。店舗に水が入ってしまったとの要望。

<要望>

1、鮫川・滝地区堤防改修・人家近くの堤防改修を優先して。河川敷の灌木整理・特に竹。

2、河川の土砂上げ、定期的にやらないと川底が上がってしまう(上遠野滝地区)

3、小規模事業者の災害での生業支援(機械が流された、機械が水につかって使用不能に・コメが流された)

4、天神川・根小屋川の水を鮫川に排水するポンプの能力強化

5、災害ごみ回収

6、林道でも橋の対応を(畑・田んぼ・山林)の仕事が出来なくなってしまう(荷路夫川)

7、川部地区(根小屋57-1、寺田43-1)裏山の崖崩れ対策。

 

 

 

停電電力会社に通じない・小規模がけ崩れ等要望が。勿来地域主な河川は大丈夫。

13日朝、主な勿来地域の河川を見てきました。私の見た限りは大丈夫でしたが、全体は?。田人は電話連絡しました。【下・鮫川中岡付近】 【下・山田川仁井田付近】 【上・渋川植田中央付近】

【下・蛭田川錦馬場付近】8年前の大震災で、河川改修が一定進んだことも功を奏したかもしれません。

小浜の方からは、停電だが電力会社に通じない・小規模がけ崩れ等が起きて地元でかたずけているなどの要望が。行き間にあわない所には電話しています。

 

 

避難所の状況と要望を聞きに。高潮・ダムの放流心配と。

台風19号大丈夫ですか?いわき市の避難所です。 夕方3時過ぎに、近くの南の森アリーナ避難所に行ってきました。当初50人位でしたが、雨がひどくなるにつれ続々と避難の方が増えてきました。海の近くの方は高潮が心配と、また、川の近くの方はダムの放流で河川の増水が心配で早めに避難してきたと言います。【この後続々と避難の方が増えました】毛布・水・簡易食品等がそろっておりホットしました。そんなに寒くないので救われます。何かあったら連絡をと知り合いの方に言ってきました。 心配です。

朝の定点みんなが応援、雨の街宣に傘をさしかけてくれた人も。農業政策。

11日、毎週金曜日の朝の定点街宣はみんなが応援に。日中の時々降ってくる雨の街宣では、聞いてくれる人が傘をさしかけてくれました。

県議選用の農業政策のビラが出来ました。

【県議選】農業ビラ(宮川)【県議選】農業ビラ(宮川)

 

住民合意のない「(仮称)三大明神風力発電事業」に対して、計画予定地の保安林の解除を行わないことをあらためて求める要望、友の会と住民代表が。

表題のように投稿が寄せられましたので、お知らせします。宮川は所用で同席できなかったため、「友の会」と「住民有志の会」の皆さんから広く関係者の皆さんにお知らせしてほしいと、レポートをいただきました。

<レポート>10月9日、関東森林管理局長あてに、磐城森林管理署に要望に行きました。今日の陳情のメーンは、当該地区の危険性、同意書が区長の独断で行われていることを示しながら再度、地域の実情を理解していただきたく要望しました.

今回の要望で、いくつかわかった重要なことは、9月12日に県に出した要望書が森林管理署に届いていなかったこと。経産省、県、管理署あてになっていましたが。
同様に経産省にも行っていないようです。県に対して経産省にも回すようにお願いした方が良いと思いました。

2つ目は非常に不可解なことです。
2ヶ月ほど前に根本地区でボーリング調査をやっていることを聞き、調査をしている土地の地主さんのところで聞いたところ、何人かで来て森林管理署の名刺3枚を置いていったとのことで、友の会のメンバーが、それを借りてきました(8月の話)。今回、何を調査したのか訪ねたところ、森林管理署ではいっさいそういうことはしてないし、行った覚えもない。もちろん名刺も渡していないとのことでした。

また、地元の方が、「前橋の森林管理局で地域の共同水道の貯水槽を調べていった」と聞いたものの、管理署の話ではそういうことは一切してないはずとのことでした。今回は金子次長と野口さんという方が応対してくれました。鶴石山の予定地を見てきたが「痩せ尾根には見えなかった」と言っていたので、友の会と住民代表は詳しく実態をお話ししました。

遠野の環境を考える友の会 東山広幸。住民有志代表。下は要望書。

10月9日三大明神風力発電事業に対する住民要望2019-10-9 (003)

電気代・安全を売る問題・国会で明らかに・関電金品還流問題。福島県議選決起集会。

関電金品還流問題は電気代や安全を売る問題、国会で明らかにすべき。福島でも大震災原発事故で、とある町長の金庫が流され、その中に〇億円が入ってたという話もありましたが。原発と金はつきものでした。そうして安全が失われ、電気代の値上げも。

福島県議選決起集会。