がけ崩れ対策・豪雨対策を求めました。予算が抜本的に不足です。

東日本大震災から5年8か月、いわき市は3・11に続き、その1か月後に二つの大地震にも見舞われました。家の被害や道路等のインフラの被害はこれまで経験したことのない大規模なものでした。この間、対策は一定進んできましたが、道路・側溝・河川等の全体的な補修等が追いつきません。近年集中豪雨も多くなっており、また、日本列島は地震の活動期も迎えています。安全や災害対策のための維持補修費の抜本的増額を県議会で強く求めました。%e9%a4%a8%e8%b7%a1%e5%b9%b3%e9%9d%a2%e5%9b%b3
館跡団地・がけ崩れ対策調査費を
植田町館跡団地は25年前から急傾斜地対策(西側)が要望され、県に対策を求め工事が実施された経過があります。その後東側も一部崩落の危険性が見られ、さらに要望しておりましたが、大震災で実施の見通しが立たなくなっていました。これまで団地のみなさんと何度も県に要望してきたところですが、本年改めて区長さんからの要望が出され、調査費の予算化をいわき建設事務所と本庁土木部に要望しました。
工事実施までには、地元負担や地主さんの同意が必要ですが、実現のため支援をしていきたいと思います。dscn6281
横断側溝の堆積土砂撤去完了 遠野町大平細畑地区
要望していた、県道・いわき上三坂小野線を横断している側溝の土砂撤去が実現しました。地元の方の話では、大雨時の山からの水がひどく、県道横断部が心配だった、また、入遠野川までの側溝も土砂の堆積がひどかったのでこれでひとまずは安心とのこと。

 

 


野党と市民の協力で総選挙を・11月13日原発全国集会・歩道の整備問題まで・懇談会

29日、泉地区で懇談会がありました。議会報告から1月に予想される総選挙で野党と市民で戦おうから、11月13日の福島市の全国原発集会から、歩道の整備、鳥取地震では一部損壊も支援の対象にした、いわきでもなんとかならないかなど、国政から身近な問題が話題に。dscn6310

伊藤浩之市議と一緒に参加しました。初めての参加の方もおりました。dscn6312

11・13原発全国集会は、福島市パレス飯坂で、分科会が午前11時から、全体会は13時~開かれます。どなたも自由に参加できます。ぜひお出かけください。dscn6321

その後共産党に参加される方も出ました。dscn6317

 


核兵器禁止条約国連で交渉へ・日本の「反対」は恥ずべき態度。志位委員長が談話。

27日、国連総会で核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を圧倒的多数の賛成で採択しました。核兵器を違法化して「核兵器のない世界」へ向けて扉を開くことになります。日本共産党はその実現に向けて引き続き力を尽くすと志位委員長は談話を発表しました。dscn6305

それにしても、日本政府は今回の決議に反対をしました(昨年は「棄権」)。唯一の被爆国の政府にあるまじき情けない態度で、厳しく批判されなければなりません。dscn6304

長崎の被爆者5団体が記者会見をしました。悲願である核廃絶の道が開けた、心底喜びたい、同時に日本政府が反対したことについて、愕然とした、オバマ大統領の来日時の安倍首相の演説とは矛盾する二枚舌だ許せないと。しかし、核保有国がどう言おうとも、この流れは変えることはできないと。安倍首相と外務省に抗議声明を送付したとのこと(29日付け・新聞赤旗報道より)。dscn6290

街頭からしゃべることがいっぱいで忙しいです。急に寒くなって手袋をしました。皆さん風邪などに気を付けてくださいね。


「互いの違いを尊敬(リスペクト)」・新新潟知事の話に感動

25日の赤旗新聞に米山隆一・新・新潟知事の話が掲載されていました。市民と野党の共闘について、今回・・うまく機能したのは、お互いをリスペクト(尊敬)できたこと、市民の思いは多様、お互いの違いを指摘しあうのではなく、違う思いを相互にリスペクトしあえば市民も参加しやすくなると言います。自由を愛する者のまとまりということで勝利することができた。と。dscn6285

今後この形が全国に広がってほしいと言います。私もこの気持ちを大事にしたいと思います。dscn6269


地元の公園草刈り・清掃デー

23日、朝6時半~近所の公園の草刈りです。いわき市一斉清掃草刈りデーです。1時間程度ですが、結構大変です、これからの高齢者社会で対応はどうなるのでしょうか。dscn6275

今日は一日、共産党の各支部の皆さんと行動デーです。訪問対話で頑張りました。赤旗新聞購読と共産党への参加と来るべき総選挙での訴えをしました。街宣と同様みんな訪問を待っているようでした。dscn6280


「地震大国の日本に原発再稼働でいいのですか」と街宣、共同センター署名、キーワードは野党共闘

22日、勿来の皆さんと街頭宣伝に取り組みました。昨日の鳥取の地震を心配しながら「地震大国の日本に原発再稼働でいいのですか、福島原発事故のような思いは誰にもさせたくない!新潟県民の皆さんに敬意を」と街頭から訴えました。dscn6271

午後からは、共同センターの皆さんと、戦争法廃止、憲法守れの署名のお願いをしました。dscn6273

原発再稼働中止、戦争法廃止・憲法守れ、新しい政治を目指す、どちらもキーワードは「野党共闘で」です。


医工連携の取り組み・地域特性を生かした再生可能エネルギーなど・特別委員会調査

10月18日~20日、「地域創生・産業振興対策特別委員」で、鳥取県・島根県に調査に行きました。

dscn6215

島根県及び島根大学産学連携センター、テクノアークしまね・中小企業の振興、島根県出雲市役所・再生可能エネルギー推進事業・地域の特性を生かした出雲ブランド、鳥取大学医学部付属病院次世代高度医療推進センター(医工連携)、テムザック技術研究所(ロボット研究開発)、とっとり自然環境館などでした。

dscn6239

医療技術研修(口腔・歯科等)のため、本物そっくりにできている模型です。模型と言っても、痛いとか目をパチパチさせ、舌を出したり本物そっくりです。

dscn6242

車いすでも前向きに乗れて高低調節でき、立ち上がれます。障害があっても仕事の範囲が相当広がり、気持ちも前向きになるとのことです。dscn6248

全国9番目、中海を埋め立てた遊休地に53ha・12000戸の家庭の電気がまかなえるとのことです。民間会社で市は用地費を支払ってもらっているとのことです。


新潟知事選勝利・日本共産党志位委員長の談話・原発ゼロ福島青年集会。

昨日の新潟知事選挙を受けて、日本共産党の志位委員長は談話を発表しました。私が受け止めた概略内容は、米山さんという素晴らしい選択をされた県民の皆さんに敬意と感謝、「柏崎刈羽原発の再稼働を認めない」という明確な県民の意思、野党と市民が本気で力を合わせれば1+1が3にも4にもなる、新潟にとどまらず野党と市民の共闘を発展させと希望をもたらす勝利などです。正確には、17日付け赤旗をご覧になってください。dscn6194

17日、朝のNHKテレビより。dscn6197

昨日は原発ゼロを目指す青年の集いも開かれ、岩淵とも参議院議員(共産党)、増子輝彦参議院議員(民進党)の各議員からも御挨拶がありました。


「新潟知事選挙・野党と市民の共闘が勝利」原発再稼働反対の米山さん当選!!

16日投票の新潟知事選挙は、野党と市民の共闘の米山さんが当選しました。自民・公明推薦の候補を見事破りました。原発再稼働・東京電力柏崎刈羽原発再稼働反対が見事勝利しました。バンザーイ!!dscn6191

福島原発事故で苦しんでいる福島県をもう終わったとばかりの安倍政権に痛打!

dscn6190


健康祭り・小名浜生協

16日、今日もいい天気でした。小名浜の三崎公園で小名浜生協主催の「健康祭り」が行われ多くの方々が楽しみました。健康チエックや各物産展、おいしい珍しい食べ物も。dscn6159

dscn6179ステージでは、高校生や高専生などのストリートダンスなどがよかったです。エネルギーをもらいました。dscn6182

吉田えいさく県議とも一緒になりました。