いわき北部新春の集い・民進党古市県議もご挨拶・避難者の方も参加

5日、いわき市北部日本共産党後援会の新春の集いでした。160人の参加でにぎやかでした。双葉郡からの避難者の皆さんも毎年なじんで参加してくれて芸も披露してくれました。

民進党の古市三久県議もご挨拶に見えました。トランプ政権に貢献ではなく国民のために力を尽くすべきと安倍政権を批判しました。そして、意見が違うから違う政党であって、その違いを超えて力を合わせ国民のための政治を取り戻しましょうと挨拶しました。熊谷とも衆議院5区予定候補としっかり握手。

昨年9月に4人そろって市議に当選した皆さんもご挨拶。左から、伊藤浩之・溝口民子・渡辺博之・坂本康一の各市議。

2年後を目指す広野の元町議・畑中大子さんもご挨拶。吉田栄策県議は地元の皆さんと寸劇。

普段は植木屋さんと言いますがまるで美空ひばりの本物のような演技を披露してくれる方も。朝8時から準備としたと言います。


大会報告会・内閣支持率が全国と福島県で20%の違い。新婦人持ち寄り食事会。

4日、さる1月に行われた日本共産党第27回大会の報告会がいわき市でありました。熊谷衆議院予定候補のあと私も次の事について発言しました。志位委員長は大会の報告で安部内閣の高支持率について、安倍首相の発言を巨大メデアが無批判に垂れ流し幻想を国民の中に作っている、安倍政権に対する強力な選択肢が見えていない、と2っの問題が要因と報告しました。

その通りに福島県の場合、内閣の支持率は全国平均より20%も低くなっています。安倍首相は「(原発汚染水は)完全にコントロールされている」と言ってますが、福島県民は誰もこれが嘘だとわかっています。(1月28・29日福島民報新聞と共同通信世論調査)。

夜は新婦人の会植田班・一品持ち寄りの会。豪華なメニューでちょっとしたお店よりすごい。さすが毎日の料理の成果です。