外で遊べなくなった子どもの絵はさびしい・保育園の園庭の表土撤去を・かかる費用の補償を・高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員いわき市に(4)

保育所では放射能問題で要望をいただきました。外で遊べなくなった子どもの絵は寂しくなるといいます。園庭の表土をはいでほしい、線量計だけでなくどこが放射能が高いのか良く知って子どもに対応したいので、放射能測定機もほしいと要望がでました。また、放射能の影響を防ぐために空気清浄機を買ったりたまには放射線の影響が少ないところにつれていって砂遊びなどさせたい、そのためにかかる費用がほしいとの要望も受けました。


写真は、3月11日前の、外遊びができてた時の絵(にぎやかにいろいろ描いてあります)


写真は、外遊びができなくなった時の絵(寂しい画面です)

写真は、屋内広場で説明を受ける

「 世界初の原発災害は進行中だ・仮払いはまだ1円ももらっていない」・漁業者との懇談・高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員いわき市に(3)

漁業者との懇談では、いわき市漁協の組合長さんをはじめ4役と仲買人・水産加工業者ら7人と懇談をし、要望などを聞き取りました。組合長は、700万円の義援金をいただいたことにお礼を述べながら「放射能問題で出魚ができず収入がない、漁協職員も7人退職をしてもらった」と厳しい実情を話しし、一刻も早い原発の収束を求めました。仲買人・加工業者の皆さんからは、人類史上は初の原発災害が進行中だ、先が見えなくて設備投資もできないと悲痛な声が出ました。高橋衆議院は皆さんの声をしっかり届ける安心して仕事ができるようにしたいと述べました。


写真は、漁業者の皆さんと懇談

「津波のときは庭の植木に捕まって助かった」「多くの避難者が体調を崩して苦しい思いをした」・避難所での激励と聞き取り・高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員いわき市に(2)

四倉高校の体育館の避難所では、避難されている方をお見舞いしお話を聞きました。70代の男性の方は、植木につかまって助かった、ずぶぬれで動けなかったが助け出されたといいました。もう一人の70歳の男性は、500人も避難者がいた時、300人近くの人が大腸炎にかかり水も出ない・トイレの状況はものすごくひどく着替えもなく寒い中悲惨だったといいました。生きるのがつらかったともいいます。お年よりは居場所がない人も多く避難住宅に入居しても戻ってきた人も多いといいます。私たちはこのような一人ひとりの方々の思いをしっかり受け止めていくことが重要と改めて思いました。


写真は、避難されている方からお話をお聞きしました

写真は、奈良県からの炊き出しボランテァの皆さんのそうめん

「被災地の電気は制限しないでほしい・市町村を原子力賠償の窓口というが専門家はいない」副 市長と懇談・高橋ちづこ衆議院議員・山下よしき参議院議員 いわき市に(1)

高橋ちづこ衆議院議員と山下よしき参議院議員が東日本大災害と原発災害問題で来市しました。渡辺市長が市長会で留守だったので鈴木副市長の対応でしたが、日本共産党からの2度にわたる義援金にお礼を言いながら、被災者は今の指示メニュウーではホローできない、要望は取り入れていただいているが政府は場当たり的で現場は混乱している、被災地の電気は制限しないでほしい、原子力賠償は市町村が窓口になるようだが専門家がいないなどの要望をいただきました。また、原材料が県外産でも、加工工場が福島というだけで売れないなどの風評被害もある風評被害に対する補償、国が安全宣言を責任を持って安全宣言を出すようもとめました。
写真は、鈴木副市長と懇談

「原発からの撤退を明確に」等・佐藤雄平知事に申し入れ

6月3日、6月定例議会に向けて、佐藤雄平知事に申し入れを行いました。東日本・原発災害を受けての本格的論戦が行われる福島県議会です。国難ともいわれる状況の下で、先の展望も示せないままでの菅内閣不信任案の提出は党略的で無責任と言わざるをえません。知事への申し入れ内容は①特別立法の制定と原発からの撤退②放射能汚染対策の強化と県民の健康を守る施策に万全を③被災者の生活支援と生活基盤の回復についてです。


写真は、申し入れ

悩みなんでも相談会・無料・秘密厳守・(個人的なもの・ 原発の賠償・経営相談・津波関連・地震関連・なんでも)お気軽にお出かけください

浜通り共同センターの第二回無料相談会が開かれます。個人的なものから何でも相談会です。無料・秘密厳守ですのでお気軽にお出かけください。弁護士さんが5人も来てくださいます。
写真は、案内チラシ

「農作物の(放射能)検査はスピーディーに、放射能汚染対策研究機関を福島県に設置を」・JAいわきと懇談

6月2日、日本共産党中央委員会からの義援金をお渡ししながら、JAいわきの会長さんらと懇談しました。「昨日は国会に請願に行ったが『政局がらみで』大変だった」といい、原発の早期収束と補償を強くお願いしてきたとのことでした。損害をこうむったものはすべて賠償をしてもらいたいと。農産物の放射能検査はスピーディーにやってもらわないと節を逃してしまう、桃・さくらんぼなど高価なものは節を逃すと大変だとも。
写真は、甲高会長さんに義援金をおわたししました。


写真は、笑味(えみ)ちゃんマークの「みんなのよい食ブック」。えみちゃんマークは食の字をデザインしたものだそうです。早くみんなで食の安全安心を勝ち取りたいです。

地震の大被害・磐農高・学校ごと引越し、でも元気でがんばっています

3月11日、4月11・12日の3回の地震で大被害を受けた磐城農業高校は勿来高校に引っ越しをし、勿来高校の一部を借りて勉強をしています。保護者の皆さんから通学に関して改善要望があったので、学校に地震のお見舞いをしながらお邪魔しました。通学問題は解決済みでしたが、被害の状況はものすごいもので、地震のすさまじさを改めて思い知りました。
仮設校舎は夏ごろ出来上がるとのことですが、さまざまな問題が出ると思いますので、保護者・生徒・学校の要望を十分聞いて対応していただきたいと思います。

写真は、校舎は外から見ても大崩

中も柱が今にも折れそう・壁も大崩


めちゃめちゃの実習室を前に

外回りも八方崩れ

相馬農業高校から2頭の親子の牛が避難して来ました

仮設校舎建設も急ピッチ

下に見える勿来工業高校も大きな被害

「放射能測定機を個人的にほしい人も・原発賠償計算を簡単にできないか・ 津波で被害を受けた農機具支援を」・JA中部の皆さんと義援金をお届けし懇談

6月1日、JA中部の皆さんに日本共産党中央委員会の義援金をお届けしながら懇談をしました。対応していただいた佐藤久男組合長さんらは、原発問題は国全体の問題だといいます。市役所で野菜・土壌測定に放射能測定機を各1台を入れてくれたが個人的に測定したいという人もいるといいます、測定機をもっと増やすには技術者もいるし有料も問題との話になりました。原子力賠償問題では、農家の人が簡単に計算できるようする工夫も必要という話になりました。また、津波で被害を受けた農機具に支援がほしいという組合員からの要望もあったとのことでした。


写真は、懇談をする、菅野地区委員長・長谷部元県議・4人の市議団・私です

500億円程度の補正予算・8千人の雇用創出を目指す・全県民を対象に健康調査を行う・6月県議会政調会

30日、福島県6月定県議会に向けて、執行部から説明を受ける政調会が開かれました。大震災・原発災害を受けて、予算規模は500億円程度になるという総務部からの説明で、東日本大災害に対する経費は、専決補正を含めてこれまでで総額2870億円の増額をしたと報告。
雇用問題では、震災被害での求職者は8469人・求人は1739人で、県は8000人の雇用創出を目指すと言います。内訳は、産業復旧関連で3000人・避難所の世話係など絆作り雇用で2000人、市町村が取り組む災害関連で3000人と言います。
県民健康調査事業では、県民全体を対象に3月11日にどこにいたか等の問診を行う・原発に近いところにいた人には詳細調査を行うなど。避難所の暑さ対策では扇風機などの対応をするとのこと。

学校の児童生徒の学校等の放射能対応では、各学校の線量計配置のほか、校庭が1μシーベルト以上の学校に対して表土改善を行方針が文科省より示され財政支援もあると報告されました。

写真は、政調会。

写真は、「髭のノラ」(ノルウェーを変えた・男女平等社会はこうしてできた)の本を書いた、三井マリ子さんが見えて懇談。