避難所のトイレが大変だった。身近な所に避難所を共産党の県議(鈴木みつおさん伊東達也さん)の長年の県への働きかけで河川改修が実現した。常磐懇談会。

17日、常磐下船尾で懇談会がありました。避難した学校の体育館のトイレが大変だった。身近な所に避難所が必要だなどの話が。共産党の県議(元県議・鈴木みつおさん伊東達也さん)の長年の県への働きかけで藤原川の河川改修が実現した、今回はおかげで助かった等たくさんの意見や要望をいただきました。常磐街宣。

遠野柿の沢地区土砂災害で家が全壊

17日、遠野町柿の沢地区で土砂災害が発生し家が全壊してしまった方を訪問し、現地調査と要望をお聞きしました。突然の裏山の土砂崩れですが窓からはだしで逃げた、危機一髪と言います

裏山は林道が通っており、林道の壁のコンクリートと一緒に崩れてきたものです。林道は木を伐りだすためのトラックが往来していたと言います。住居・暮らしの用具等要望をお聞きし、対応をしました。市は調査をしていったとの事です。暗い時間になってしまい、写真には見えにくいです。お隣も一部崩れており水の通り道を早急に確保してもらいたいと。

また、少し離れたところも庭が崩れていました。

高柴ダムの緊急放流について

ご意見をいただきました。私も同感なので掲載させていただきます。

Sさんより

高柴ダムの緊急放流を防ぐために。
今回の台風の威力は報道などで事前に知らされており私でさえ今回に限って特段の個々にできる対応を前もってした。しかし高柴ダムの対応は今回も従来のマニュアルに沿ってダムが満杯近くにならないと多量に放水しなかった。豪雨の時はいつもダムが満杯(規定量)にならないと放流せず従って深夜や早朝のサイレンと共にいつも起こされています。従来からダムに流れ込んで阻止できなくなってからの放流管理ではないかと感じています。私は従来のこのようなダムの放流管理方法に疑問を持っています。
このダムは、工業用水などに供給することを優先しており常に一定量を確保する必要があるためと思われます。気象予報が発達した現在は工場など用水利用者の協力を得て前もって放流しておき緊急放流が無いようダム管理の見直しをお願いします。今回、当地区では緊急放流で水が道路を乗り越え低い畑に流れこみ、また、1件の住宅の玄関にも若干の水が流入しました。今後、今回以上の放水量があった場合は我が家を含め数件の浸水はあったと思われます。
過去、ダムの設置に協力した地元住民なのに。下流の渇水時に田んぼに欲しい時にはお願いしないと水はもらえず、いらない時に今回のような現実です。

小名浜地区労働組合幹事会で台風災害の状況報告。宮川事務所の看板設置。

16日、小名浜地区労働組合幹事会で台風災害の状況報告しました。

宮川事務所に新しい看板設置を設置しました。 宮川事務所は、いわき市植田町根小屋24-4。電話0246-88-6967お気軽にお出かけください。

最も深刻ないわき市平窪地区・何とか助かった話。小名浜地区労で災害対策と県議選の政策をお話し。

16日、いわき市で最も被害が大きい平窪地区の知人を見舞い、地域を吉田英策県議と地域で求められていることを調査しました。水が出ません、ごみの山があり匂いも出てきています。砂埃も深刻です。

避難所が足りない・支援の手が足りない・水が出ない・待っている多くの避難者!

16日、被害のひどい、いわき市内郷地区にボラんテアに参加し、地域の要望聞き取りを坂本市議と日本共産党内郷後援会の皆さんと行いました。 【下・ちょうどよかった、荷物運びだし坂本市議】 【書類の山・事務所の片付け】避難所が足りない・支援の手が足りない・水が出ない・家のすべてが泥水で使えなくなり子どもの服もない等、多くの避難者が様々な要望を寄せてくれました。

お役立ち情報などを手渡し様々な要望をお聞きしました。

国道289はまだ不通。街宣。いわき市北部は深刻。いわき双葉災害対策本部ニュース。

国道289はまだ不通。 土砂除去作業で大変な業者の皆さん。 289沿線の個人宅も土砂が大量に流入。裏山の森林の大量の伐採が要因ではないかと家の方は。 実態調査をしたり、災害の報告をしたりしながら街宣も。 朝の定点も皆さんの応援を受けながら。 いわき市北部は、今も水が出ない。福島県が最大の犠牲者が・・・

20191016災対本部ニュース

20191016災対本部ニュース

避難先は重要・河川の整備要望がたくさん・川部懇談会。

15日、川部で懇談会がありました。いわき市の災害の状況や福島県の河川改修の実態や問題点、共産党の政策等報告。もちろん消費税・憲法・県議選政策も。

懇談では、河川の改修要望がいっぱい。避難所のありかたでは、数や広さや場所の問題などに話が集中。宮川さんに頑張ってもらわないとと。