終戦記念日「天皇は深い反省の言葉」「安倍首相はナシ」・街宣

8月15日、今日は73回目の終戦記念日です。国の戦没者追悼式で天皇は「深い反省」という言葉、安倍首相は「反省ナシ」。私は街頭からお話ししました。暑い中聞いてくれる人寄って来て握手を求める人も。【以下は私の街宣原稿】皆さんこんにちは、日本共産党の県議・宮川えみ子です。
暑い日が続きますがお元気ですか。今日は8月15日、アジア諸国民2000万人以上、日本人310万人の犠牲を出した日本の侵略戦争が終わって73年目の日です。

8月6日、9日の広島長崎の原爆投下の日とも前後して、テレビでは、ドラマ「この世界の片隅で」や「夕凪の街桜の国」が放映され、また、戦争孤児を追った「駅の子の戦い」などが放映されました。駅の子は12万人を超える駅で暮らす戦争孤児の話で、国からの救済もなく、飢えや病気の中、物乞いや盗みで生き延び、野良犬のように扱われてきた実話の再現ストーリーでした。この中の一人・清太さんの、戦争したのは大人の責任なのに、なぜ自分たちがこんなに苦しめられるのか、もう戦争をしてはならないという重い言葉は、今を生きる私たちに訴えかけられているような気がしました。おびただしい犠牲と悲惨な体験を経て、日本国民が手にしたのが憲法9条でした。安倍自民党・公明党政権はあくまでも憲法を変えることに執念を燃やしています。安倍首相は12日の講演でも憲法改正案を次の国会で提出したいと述べ秋の臨時国会に9条改憲案を提出する姿勢を示しました。しかし、そこには執念とともに、思惑通りに進まない焦りもにじみます。安倍首相はもともと先の国会で改憲発議を目指していたのです。ところが首相自ら招いた森友加計疑惑の拡大で通常国会は大混乱、公文書改ざん・ねつ造・廃棄・虚偽答弁でまともな審議ができない異常事態になり憲法審査会は実質一度も開かれませんでした。更に、歴史的な南北・米朝首脳会談で、長年の敵対関係を収束させ朝鮮半島の永続的な平和を目指す新しいプロセスが始まりました。持続的な努力は必要ですが、対立から対話への大きな転換が実現しました。さらに、昨年7月は国連で、核兵器禁止条約が採択されました。安倍首相の9条改憲の口実が次々根拠を失っています。9条を変えて日本の側から緊張を高め、平和の流れに逆行することが有害と、誰の目にも明らかになってきています。
安倍首相は自衛隊を憲法に書きこむだけ・自衛隊の違憲論を解消するだけと強調しますが、自衛隊を憲法に書きこめば「災害救助の自衛隊」ではなく、海外での武力行使を全面的に可能とすることに道を開きます。

皆さん、立場や考え方が違っていても、憲法9条改正は許さないこの声を大きく広げていきましょう。来年は参議院選挙です。野党共闘を大きく広げ暴走する自民・公明の安倍政権を変えていくスタートにしましょう。日本共産党は、今年で党創立96周年です。創立当初から侵略戦争反対を貫き、国民が主人公になる国を目指してきました。共産党の主張は今の憲法にしっかり書き込まれています。これからも皆さんと一緒に平和で暮らしやすい国造りを目指して頑張ります。

盆踊りあちこち

14日、夜は川部地区と地元仁井田地区の盆踊りでした。挨拶したり踊ったり、久々会った方とあいさつしたり忙しい盆踊りです。

日中は体育館フリー参加可で、バトミントンの練習。

玄関の朝顔はますますたくさん咲いて。

雇用確保・労働条件向上のためにも安倍政権と対決を・全港湾第50回定期大会

10日、全日本港湾労働組合・東北地方小名浜支部の第50回定期大会でした。日本共産党は、熊谷委員長・吉田県議・坂本市議・私宮川の4人で参加し、熊谷委員長が代表して挨拶をしました。社民党と立憲民主党(祝電)も挨拶しました。熊谷委員長は翁長沖縄知事と浪江馬場町長が亡くなった。基地反対や原発反対で頑張ったその意思を受け継いで頑張っていこうと挨拶しました。皆さんそれぞれに、なんとしても安倍政権を打倒したいという思いがいっぱいでした。300人の方が参加しました。

金曜日は朝の定点街宣もあり、忙しいスタートでした。お盆の準備や来客対応もいろいろあり楽しいが忙しい季節です。

参院選・統一地方選めざし共産党を強く大きく・地方議員座談会

9日、来年の参院選・統一地方選をめざし、共産党を強く大きくする活動(月間)が提起されていますが、その牽引力になっていくことが求められる地方議員団としての活動交流座談会が行われ参加してきました。詳しくは、日刊赤旗新聞に掲載されると思いますが、小池書記局長や頑張っている議員の方とお話しできてよかったです。大きく政権取る構えで、しかしきめ細かく、楽しくですね。【小池書記局長と】神奈川県・相模原市議・松永ちか子さんと。東京・墨田区議・としま剛さんと。何と、としま議員は7月の勿来祭りの時、双葉町が呼んでくれる「浅草サンバ」のメンバーで太鼓をたたいているとか。情熱的太皷です。共産党の議員も幅広いですね。共産党本部まえで。前日家を出る時に虹が。台風が心配で前日から東京の娘の所に泊まっていました。

 

暑い夏は平和を考える夏・9条守れ署名に関心

7日、憲法9条守れの共同センター署名でした。6日は広島に9日は長崎に原爆が投下されて、また、15日は戦争が終わって73年になります。テレビで原爆や戦争のドラマや報道が多かったこともあるのか、署名への関心が高かったです。自宅玄関入り口の鶏頭の花がきれいです。

広島に原爆が投下された日・行動前に黙とう

今日・6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下され瞬時に16万人が死亡、その後時間を置かずに20万人が死亡と。今日までに31万人以上の被爆者名簿が納められました。被爆死した人、生き残った人の思いを込めて挨拶をした広島市長、むなしい朗読をする安倍首相、あまりにも差があります。小池書記局長以下・日本共産党議員団の献花。今日は訪問活動をしましたが、で出す前に黙とうをしました。今週の週刊赤旗新聞の一面は、長崎市長のインタビューでした。

視察帰りはバトミントン、次の日は街宣、孫の水やりで朝顔元気

特別委員会の3日間の調査の後、まっすぐバトミントンサークルに。好きなことはよくやるね。次の日は早朝定点街宣です。暑い夏は平和を考える夏・家族の皆さんで広島長崎の原発投下で20万人が亡くなった悲劇、核兵器禁止条約、戦争が終わった8月15日の話などお話ししてみてはどうでしょうかと呼びかけました。

孫のルカちゃんに、視察に行ってた3日間朝顔と鶏頭の水やりをお願いしました。元気に咲いていてくれました。

原発廃炉を学ぶ・避難地域等復興創生対策特別委員会調査(3)

三日目の調査は、福井県敦賀市・日本原子力開発機構・敦賀事業本部・新型転換炉「ふげん」の廃炉のあり方と作業と状況です。福島原発と違い最初からプルサーマルの炉でした。いかに経費わかけないで行うかが課題と説明を聞きました。最近は視察者が多くなっているとの事。

関西学院大学では人間の復興が基本を学ぶ・地域復興創生対策特別委員会調査(2)

二日目は、移動して兵庫県関西学院大学復興制度研究所に。大学では25年前の阪神淡路大震災を受け創設された、東日本大震災や最近の災害まで多方面で研究支援を行なっていました。ふくしま復興支援も。何といっても素晴らしいのは人間の復興を基本に置いていることです。学院は、恵まれた環境にありました。