いわき浜どおりの医師・介護士不足対策を、避難の児童生徒いじめ対策を・一般質問

28日、日本共産党福島県議団を代表して一般質問を行いました。不足しているいわき浜どおり地方の医師・看護師・介護士不足対策を、子どもの貧困対策を、若者の住宅支援、いわき市にカジノはいらない、いじめ対策、遠野高校統廃合はやめよ、イノシシ対策をなどを質問しました。

SONY DSC

内堀知事は、いわき市・双葉郡の医師不足等医療問題は「極めて厳しいと受け止める、新しい衣料復興計画を作る」と答弁しました。

SONY DSC

「遠野高校を統廃合すべきでない」と質問したことに対し、一学年3クラス以下の高校の統廃合問題は、今年の夏ころまでに審議会からと答申頂き、検討していくと応えました。


「避難者8万人終わらない原発災害」・雑誌女性のひろばに掲載されました

日本共産党が発行している雑誌「女性のひろば」4月号に、私の「避難者8万人終わらない原発災害」の記事が掲載されました。また、高橋ちづこ衆議院議員(日本共産党)と森ゆうこ参議院議員(自由党)の対談も掲載されています。是非ごらんになって下さい。

ご意見などもお寄せください。電話・FAX0246-63-4082(宮川)


JR只見線復旧は沿線自治体に過度な負担にならないようになど・追加代表質問

27日、日本共産党福島県議団の追加代表質問に阿部裕美子議員が登壇しました。原発汚染水対策・再生可能エネルギー地元参加や環境への影響評価・原発被害の中での農業支援・福祉型県づくり・会津只見線復旧や洪水対策などでした。JR只見線の復旧は沿線自治体に過度な負担解消をなどでした。

また、中途失明者に対しての生活支援対策についても求めました。前に実施していた政策で今は行われていない政策ですが、福祉の遅れが目立つ県政の状況がありありです。

SONY DSC

小名浜医療生協春祭り・食べて飲んで歌って踊って元気を蓄える

26日、いわき市にある医療生活協同組合主催の春祭りがありました。歌って踊って食べて飲んで元気いっぱいの催しでした。

これが皆さん元気の源です。衆議院福島5区予定候補熊谷智さんも参加し、テーブルを回って皆さんにご挨拶しました。「37歳!子ども3人!若かィ~!」「だめだアベやっつけてくんねと、年金下げらっちィ!」と励まされました。

地域で健康体操や検診活動、行事等も定期的にやる頼られる組合です。


「原発事故完全賠償させる会」「元の生活を返せ・原発被害いわき市民訴訟原告団」の総会

25日、表記の二つの総会が合同でありました。原発事故での国による強制避難地域とその南に隣接したいわき市民による二つの団体です。日本の歴史上最大・最悪の公害に対し「あやまれ・つぐなえ・なくせ原発・放射能汚染」「子どもたちが安心して生活できる福島に」を求める裁判です。全国30以上の原発団体裁判が起こされていますがこの裁判は最大のもので全国に与える影響も重大と弁護士から説明がありました。

忙しくてもしっかり取り組まなければなりません。熊谷とも・衆議院福島5区予定候補、吉田県議、渡辺いわき市議も参加し、私も挨拶しました。佐藤和良市議も挨拶しました。


福島第二原発廃炉は県民集会を開き実現を・避難者の住宅支援は継続を・復興名目の小名浜人工島建設はやめよ・日本共産党代表質問

23日、福島県議会2月定例会の日本共産党・宮本しづえ議員の代表質問でした。大震災・原発事故から6年、福島第二原発廃炉は県民集会を開いて実現を・避難者の住宅支援は継続をなど、被災者の生活支援・賠償問題・除染、商工業・農業支援、地方創生のあり方、人口減少・貧困・子育て、高齢者・医療対策、再生エネ、学力偏重でない教育をなど、全面的に展開しました。

SONY DSC

復興支援の名目で石炭火発を増やすために小名浜港の人工島を拡張することはやめるべきなども質問し、再質問・再々質問などで内堀知事に迫りました。しかし、原発推進の安倍政権に対してものが言えない、国の施策に対してもそのまま持ち込むやり方が強く目立ちました。

SONY DSC

明るく前向きにと言っても答弁はそうでない、民進・県民連合の代表質問

22日、民進党・県民連合の代表質問でした。復興の花が開いて支持率が高いと知事を褒め上げましたが、住宅確保が困難な避難者の支援でも、営業損害の賠償も今までの答弁と同じでした。「本県は今もなを有事」と知事は答弁。

民進党の代表質問が終わって控え室に。引き続き執行部と私の質問の主旨についてのいわゆる「聞き取り」。


避難者支援・原発問題もほとんどない、原発災害は天災と言えども、でなく人災です、唖然とする自民代表質問。

21日、今日は自民党の代表質問だけでした。1時間にわたる代表質問でしたが、避難者に対する直接的支援や原発そのものに対する事もほとんどありませんでした。原発震災を「天災と言えども」と言いますが2012年12月議会で佐藤雄平知事(当時)は共産党の長谷部議員の代表質問に対し「人災と受け止めるべき」と答えています。いまさら天災だと言うことに対し唖然とします。 原発事故を本当に防ぐ手立てはなかったのか?と問いかけていましたが、安倍政権は事故そのものを解明することを放棄しています。(私は国会事故調査委員会の資料は、ダンボール箱70個分が国会図書館に置きっぱなしになっていると聞いています)。原発再稼動まっしぐらの安倍政権にこそ言うべきことは言う、この事なしには避難者は浮かばれません。自民党の代表質問をされた方は原発避難者の方です。

共産党の代表質問は、23日(木)午後1時から宮本議員が、追加代表質問は27日(月)午後3時過ぎ阿部議員が、私は28日(火)午後3時頃から一般質問です。


福島県中通りと浜通りを結ぶ要所・御斎所峠の改良工事着工。

南部で福島県の中通りと浜通りを結ぶ主要地方道・いわき~石川線(御斎所峠)の才鉢工区の着工式がありました。この道路は県道ですが人々の交流・物流とも重要な歴史ある道路ですが、難所が続きがけ崩れも多く、6年前の大震災の余震(4月11日)時の崖崩れで4人の方々が無くなりました。

トンネルと橋が連続する大工事です。H30年代前半の開通を目指したいとの県の説明でした。