自民党代表質問、学力向上の名で子どもに大きな負担にならないか。

22日、自民党の代表質問でした。内堀県政の施策推進が基本ですが、共産党県議団がずっと質してきた問題・イノベーション・コースト構想など次々建物を作って運営費をどうするのかなど・赤字の医療科学センターの長期的運営をどうするのかも質問していました。地域公共交通確保問題では、過疎地や高齢者の問題でなく観光の方に答弁を持っていかれてましたが。教育問題での質問では、子どもたちを学力向上の名目で追い立てるような教育になってしまうのではないかと思いました。自民党の質問に県独自の学力調査を拡大する答弁ですが、これまで県独自に小5と中2年で実施してきた学力調査を見直し、2019年度から小学4年から中学2年まで毎年学力調査を行う方針です。
前日の子育て懇談会では、子どもがテストの前日は緊張からストレスが大きく兄弟に当たったりすることが多く、親としてはなるべくテストは減らしてほしいなどの意見が出されていました。
明日は民主党の代表質問ですが、26日(月曜)は日本共産党の吉田英策さんの代表質問です。午後一時から。ラジオ福島でも放送します。写真は、準備も大詰めの吉田議員。

新婦人・子どもチーム・地方議員等「子育て教育に関する懇談会」

21日、表記の懇談会があり参加しました。新婦人福島県本部が昨年行った「子育て支援策についてのアンケート」結果についての報告があり、それぞれの自治体で取り組んでいる施策等の意見交換がありました。県内といえどもそれぞれの自治体では進んだ取り組みが行われており、情報交換をもっと密に行うことなどを確認しました。PTA会費保護者負担の在り方、小中学校の学校図書館専任司書配置、就学援助、学校給食費無料化、学童保育、学校のエアコン設置と経費負担、トイレの様式化、奨学金問題などが出されました。特に学童保育は不足で保護者の負担が大変で働く人の条件が厳しいなどいろいろ出されました。

二本松市の除染廃棄物仮設焼却施設建設、除染土壌の再利用実証事業の住民説明を求め、市民団体が国と県に要望。

二本松市東和町に国が建設を計画している除染廃棄物の仮設焼却施設について、環境アセスを省略し住民への説明会も開かないままに推進しようとしている事、除染土壌再利用の実証事業を二本松市で計画していることについて、地元住民が市民への説明会開催を求めて環境再生事務所と福島地方環境事務所及び県に要望書を提出しました
せっかく除染した土壌をなぜ道路の路盤材に使用するのか、仮置き場の除染土壌は一日も早く中間貯蔵施設に運び出してほしいという住民の要望は当然です。

2月補正予算は1920億円減・除染事業など

2月定例議会に向けて補正予算1920億円減額の説明がありました。災害公営住宅整備など当初より事業見込みが少なかった、放射能の低減で除染の必要がないと判断した住宅や道路が想定より多かったと説明しています。原子力防災避難経路阻害要因事業調査、除雪事業増額、阿武隈急行の車両更新で財政支援、浄土平レストハウス機能強化、相馬支援学校整備、聴覚支援学校寄宿舎整備などが主な予算ですが、除雪事業がダントツです。今週月曜日は地元で街宣ができました。いわき市駅前で憲法共同センターの皆さんが9条改憲中止を求めて、署名活動をしました。同時間に社民党の皆さんもやっているときは一緒に行うそうです。

市田副委員長の国政問題・県政は神山県議・生業裁判は鈴木弁護士・活動交流は皆さんと。

17日~18日、県内女性学習交流会が開かれ、市田副委員長の総選挙総括から北朝鮮問題、神山県議からは県政問題、鈴木弁護士からは生業裁判の報告、参加者の皆さんからは地域での3000万人署名集めの報告などがありました。市田副委員長は北朝鮮問題で、絶対戦争を起こしてはならない、ああいう国だから何をするかわからない、アメリカと北朝鮮で偶発的・誤算が心配、世界の戦争のほとんどが誤算で始まっている。アメリカと北朝鮮と直接的対話が必要、何のために経済制裁・圧力をかけるのか、対話のためにやることだ。国連総会でも対話が必要とドイツもフランスも主要国も含めて言っている。平昌オリンピックで超党派の日韓議連の一員として志位委員長が訪韓、自民党の額賀議員のあいさつの後に志位委員長が乾杯の音頭を取った。平和の祭典を契機にして。アメリカのペンス副大統領が記者会見で、圧力を強めるしかし、対話を求めてくれば無条件で応じる(流動的だが)と。しかし、安倍首相はその中でも極めて異常、軍事的対応をけしかけて、文大統領に内政干渉するなとまで言われている。軍事力・核を使うことがどうゆうことか、非常に危険な対応は安倍さん唯一人だ。などと講演しました。

鈴木弁護士の、生業裁判の判決の問題では、国と東電は2002年中に15mの津波を予想していた、想定はしていたがやらなかったでは済まない、被害者同士の不和を乗り越えて、原告になった人だけが救われることの無いように、被害住民が前を向くきっかけを持てるように、などの話がありました。昼の勉強は素晴らしかったことはもちろん、夜の勉強はそれ以上に素晴らしかったでした。

福島県議会開会・知事提案要旨説明。双葉郡住民実態調査。

福島県議会が2月15日~3月20日までの34日間の会期で始まりました。内堀知事は1兆4472億円の2018年度一般会計当初予算を提出し理由を説明しました。26日には2017年度の補正予算案を提出します。共産党は県議団は、26日に吉田栄策議員が代表質問、28日に宮本しづえ議員が追加代表質問、3月2日に阿部裕美子議員が一般質問、3月16日(?)に宮川えみ子議員が総括質問の予定です。福島大学うつくしま未来支援センター(FURE)は15日、双葉郡7町村の約2万7千人世帯を対象に実施した第二回住民調査を発表しました。「うつ状態にある人が」56,5%に上り、前回より(2011年・74,3%)改善傾向にあるといいますが依然として原発事故が長期にわたって精神的被害をもたらしている実態が浮き彫りになっています。(新聞報道では)生活の経済的不安が、とても・33,8%、ある程度・40,5%でした。原発廃炉まで事故が起きないか、中間貯蔵施設廃棄物の安全性が不安としている人も7割以上でした。震災後に(働く年齢なのに)いまだに無職が23,3%なのは、どこで生活するか迷っている人が多く定職に就けないのではと丹波福大客員準教授は分析しています。

知事提出議案では、避難者のために何をやるか見えにくい、また、深刻になっているお年寄り等の新たな交通体制の問題はなかったです。

森友疑惑「佐川国税庁長官もう逃げられない!」。誕生日。

共産党の国会での音声記録を示した、学校法人森友疑惑問題で、もう佐川国税調長官の証人喚問は避けられないとの声が上がっています。税金の申告の時期になりましたが、「俺達には5年間は証拠書類を残しておけというのに、1年もたたない書類を破棄したなんて聞いてられねぇ」という声です。

納税の義務を必死で果たさなければならないと思っている市民に対して、なんという対応だと皆さん言います。

72歳の誕生日は、議会中で議員団の皆さんと事務局の皆さんに祝ってもらいました。そこで一句・「72歳・めでたくもありめでたくもなし」。

委員長は町田和史氏・福島県日本共産党会議。かけはし2月号

日本共産党福島県委員会は、12日県党会議を開き、新県委員長・町田和史氏(41歳新)、書記長・野口徹郎氏(41歳新)を選出しました。副委員長は再選で、神山悦子・宮本しづえ・中沢久雄の各氏です。野党統一で勝利した増子輝彦参議院議員(民進党)・金子恵美衆議院議員(無所属)からメッセージが届きました。来年7月の参議院選挙と秋の県議選を含む統一地方選挙の勝利を誓い合いました。毎月出している「かけはし2月号」ができました。

初めての参加だけど楽しい!みんなが参加の新春の集い

11日、勿来遠野地区の日本共産党新春の集いが行われました。実行委員の方々が趣向をこらし参加者の皆さんも楽しめる参加型の模様しになりました。後援会長挨拶、いわき双葉地区委員会の熊谷智地区委員長、吉田・私の両県議、伊藤市議が挨拶しました。又、手作りのおでんや古代米ご飯が出され、煮物のや甘酒の差し入れもありました。白波五人衆・祝い踊り・青春のダンスや藤川えみ子さんの歌もありました。ビンゴゲームで〆です。

9条守れの集会・原発訴訟学習会・街宣

9日、忙しい日でした。暮らしと憲法守れや福島第二原発廃炉をなどの懇談会や集会、新春の集いお誘いと準備などフル稼働です。9条の会も小さい懇談会をあちこちでやるとの事で、招かれてご挨拶をしました。団地の集会所でしたが、若いご夫妻やあまりお目にかかった事の無い方など広がりを感じました。

原発いわき訴訟学習会では、伊東団長の報告と大木弁護士の報告がありました。その後皆さんからの質問や提案などがあり勉強になりました。裁判は6年です、長生きして勝たないとならないですね。

街宣も暖かいせいか車から窓を開けて手を振ってくれる方が何人もいました。マイクを握って挨拶しながらスポット宣伝もしました。