汚染雨水の港湾外流出問題で福島県議会が「全会派一致で東電に抗議決議」

DSC_1155

26日、東京電力福島第一原発2号機原子炉建屋から放射性物質で汚染された雨水が排水路を通じて外洋に流出していた問題で東電が認識していたにもかかわらず情報公開していなかった事、流出について対応もしなかったことについて福島県議会は全会派一致で抗議の決議を挙げました。これは日本共産党が議会に求めていたものです
写真は、本会議で全会派一致可決

DSCF0446
写真は、各新聞報道

DSCN6001
写真は、決議文


「福島県でやりませんか?再生可能エネ最大活用するシステム構築がある」・平沼光氏講演・県議会主催講演会

006
25日、福島県議会主催で、平沼光氏・東京財団研究員の学習講演会がありました。「福島県には再生可能エネルギーのポテンシャルが高い、最大活用するシステム構築がある、福島県でこそ再生可能エネルギーの先駆けの地になれる」と、世界の流れなどをリアルに示しながら講演をしていただきました。
内容は、原油価格の低迷は需要低迷でなく供給過剰、アメリカは4つのグリーン革命が起きている風力はすごい・太陽光も規模は小さいが速度は20倍速い、中国とアメリカの共同も進みこの分野のグローバル市場は160兆円に(2030年)なり自動車産業に迫る、日本も「日本再生戦力」で掲げているが進まずガラパゴス状況!。多様なエネルギーは多様な産業を興し人も集まる。遅れた産業となったドイツ最大の発電会社・エーオンは「解体」(2015年1月16日日経)した。
福島県はこれまで様々な再生エネを構築してきたので福島版の統合システムができる(スペイン・ハワイで気象システム利用型のような)、電力会社を説得して進め一緒に未来をつくると大変希望に満ちた講演でした。
写真は、講演する平沼光氏・同氏は、一昨年の県議会アメリカのスリーマイル島原発事故問題視察でも(宮川も共産党代表で参加)同行いただいた方です。

「汚染雨水の港湾外流出の情報隠しと放置に関し国と東電に断固抗議する申し入れ」・東京電力に申し入れ

DSC_1129
25日、昨日のテレビと今日の新聞報道のように「汚染雨水の港湾外流出の情報隠しと放置に関し国と東電に断固抗議する申し入れ」を東京電力に対し行いました。内容は、昨年4月からわかっていながら汚染されていた雨水を海洋に流していた、しかも情報を公開していなかったなどです。根本的に海を汚さないという基本姿勢がないことにあると指摘しました。
DSC_1141
写真は、申し入れ(2枚)
DSCF0423
写真は、テレビでも全国放映

東電は「汚染雨水外洋放出隠し」の不誠実、原発再稼働やめよ・福島切り捨てともいうべき安倍政権にはっきり言うべきと共産党代表質問

DSC_1035
25日、日本共産党宮本しずえ議員の代表質問でした。東電は24日に福島第一原発で2号基原子炉建屋屋上にたまった高濃度の放射能汚染水を含む雨水が構内の排水路を通じて海洋に流れ出していたと発表しました。東電はこのことを昨年4月までに把握をしていたにも関わらず公表をしていませんでした。国もわかっていたものです。宮本議員は東電の「汚染雨水外洋放出隠し」の不誠実、原発再稼働やめよ・福島切り捨てともいうべき安倍政権にはっきり言うべきと質問しましたが、知事ははっきり言えませんでした。
賠償・避難・中間貯蔵・再エネ・イノベ構想など、また、安倍政権の集団的自衛権・消費税増税問題なども質しました。
写真は、宮本しずえ議員の質問
DSC_1116
写真は、同再質問
DSCF0437

甲状腺がんかその疑いの治療費・新年度から18歳超えても医療費無料化・福島県議会代表質問で示される

001

今日は民主県民連合の代表質問でした。その中で、甲状腺検査に関わり、がんやがんの疑いによる治療を希望する場合に、新年度からは18歳を超えても医療費を無料とする方針が示されました。国が:県民健康調査を支援するものとして新年度予算に計上したとの事です。この問題は、復興共同センターの子どもチームや共産党もも一貫して求めてきた問題であり、昨年9月議会では意見書を全会派一致で国に提出してたもので、県民運動が国を動かしました。無料化の適用は、原発事故が起きた2011年3月11日時点で福島県内に住所を有してた当時18歳までの子どもは、現在福島県内に住所がなくても対象です。

全国的にも遅れていた福島県の土砂災害防止法に基づく基礎調査実施率を引き上げるための予算も、新年度約10億円がとつく見込みとのこと、これも共産党も求めていたことで、道理あるものは流れになり実現が出来る事も多いです。

写真は、引き続き質問準備で机の上は大変な状況です。


自民党から代表質問始まる・主義主張でなく質問の羅列が?目立ちますが・・

23日、代表質問が始まりました。今日は自民党、24日は民主党、25日は共産党、26日は未来ネットです。25日の共産党は宮本しづえ議員で、午後1時から始まりますがぜひ傍聴にお出かけください。
自民党の代表質問は、主義主張でなく質問の羅列が?目立つような感じでしたが・・国との関係はどうなのか聞きたいところです。
国が2015年度で集中復興期間終了するといいますが、その後の十年で(2016年度~10年間)3、9兆円かかるという試算を精査すると。
002
写真は、合間を縫って、私は3月2日に行われる追加代表質問について質問の趣旨について執行部とやり取り

戦争体験を語る・平和を語る集いが公民館祭りで

DSCF7648

21日、植田公民館祭の「平和を語る集いの」のコーナーで、中根さんが戦争体験を話してくれました。18歳の時の茨城県日立での話です。軍事工場だったので毎日危なかった。空襲にあって近くの寮にいた若い娘さんたちが頭・上半身・下半身・手足ばらばらになったのを片付けてくれと言われ途中でにげっ帰った、親御さんの事を思うと・・。など生々しい体験でした。今でないと聞けないと思って聞きました。また、蛭田さんは、中学校の時終戦になった、毎日毎日戦争で死ぬことばかり教えらえ終戦になって放心状態だった、新しい憲法の話を聞いて生きる意味が分かった、教育で人間は全く変わる、平和憲法を基本にしない教育は恐ろしいと。

写真は、平和を語る集いのコーナーで話をする中根さん

DSCF7644

写真は、自民・公明与党が地球の裏側まで行って戦争をする国に本格的に協議を始まった、世論を広げ阻止しようと街宣


「福島県を覆う影は分断と矛盾を引き起こしている」と内堀知事、しかし県民の姿は見えにくい・2月議会開会

DSC_1023
2月16日、福島県議会2月定例会が開会しました。3月20日まで33日間の長期議会です。大震災・原発事故からまる4年、5年目が始まる予算議会で、内堀雅雄新知事初の予算議会です。一般会計予算は1兆8994億円で震災前に比べると2倍以上の予算です。日本共産党は代表質問に宮本しずえ議員(25日・水)、追加代表質問に宮川えみ子(3月2日・月)、一般質問に阿部裕美子議員、総括質問に神山悦子議員が登壇します。
今日は知事の所信表明がありました。「福島県を覆う影は様々なところで分断と矛盾を引き起こしている」と言いますが、県民の姿は見えにくい表明でした。
写真は、所信表明する内堀知事
004
写真は、議員控室で、質問つくりや皆さんの要望に対応

JAつぶしは地方と農業つぶし・地域のJA訪問

010

13日、自民党・安倍政権のJA(農協)つぶし問題でいわき市の2っのJA訪問をしました。組合長さんや役員の皆さんと懇談をし、「農協改革」の最大の狙いはTPP反対運動の要であるJA全中(全国農業協同組合中央会)をつぶすこと、さらに共同組合そのものをつぶしてアメリカと日本の大保険会社・大金融機関にその組織を提供することになるなどの話になりました。特に福島県は山間地が多く、スーパーやガソリンスタンドももうけにならない地域はJAしかなく地域貢献の面からも重要などの懇談になりました。

写真は、JA組合長さんと懇談

011

写真は、JAつぶしノーを報じる週刊赤旗新聞


廃業倒産余儀なくされる・原子力賠償打ち切りは責任放棄。国保広域化問題で地方議員団県と交渉

024
9日、参議院予算委員会で日本共産党倉林明子参議院議員(福島県出進)が、「原子力賠償打ち切りは国や東京電力による加害者責任の放棄だ」と、賠償を今年2月で打ち切るとする東電の方針の撤回を求めました。
倉林議員は、いわき商工会議所が要望で「賠償打ち切りになると、廃業倒産を余儀なくされる商工業者が続出する」と表明していることを示し撤回を求めました。この問題に関しては福島県内の商工会議所をはじめ各団体、県知事も強く撤回を求めています。
それにしても日本共産党大躍進を力に国会で頑張っています。私たちも県議会や地元でますます頑張らなくっちゃ!
写真は、参議院予算委員会で質問する日本共産党・倉林参議院議員
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また、9日は、県市町村議員団が県に対し国保を市町村から県に移すことについて(国が強硬に決める)、市町村・住民負担を増やすことならない対策を求めて交渉しました。
写真は、国保広域化問題で県と交渉する日本共産党地方議員団。