「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

「皆さんの疑問にきっとお答えできると思います」と、日本共産党演説会のご案内

「皆さんの疑問にきっとお答えできると思います」と、日本共産党演説会のご案内に各団体を訪問しました。多くの方々が、一向に良くならない経済・雇用・暮らしなど、日本の先行きに不安を持っています。これらの疑問に答え解決の道筋を示すことができると思いますと、ご案内をしました。

演説会は、2月26日(土)午後2時から、いわき市平のアリオスで行われます。日本共産党・市田忠義書記局長がお話します。どなたも自由に参加できます。入場無料です。どうぞお気軽にお出かけください。お問い合わせは、電話・日本共産党いわき双葉地区委員会・0246-27-5911です。

写真は、訪問のご案内。

写真は、案内ビラ。

絵画展(3B展)にお出かけください

 11月27日(土)~29日(月)に、いわき市植田公民館で絵画展・3B会展が開かれ私も出品します。3B会は今から30年以上も前から活動している地域絵画サークルで、私も創立に係わりました。その頃はいわき市の美術館を作る運動と相まって美術運動が盛んになった時期です。今、文化予算が減らされ暮らしも厳しくなって、暮らしにゆとりのない日々になりがちですが、改めて「心にゆとりを」と自分に言い聞かせています。お時間が取れましたら是非お出かけください。

写真は、3B会のご案内はがき、出品予定の私のスケッチ。

写真は、孫の切り絵(小4年)でこれは、二本松の菊人形展で展示されるとのことです。孫バカで喜んでます。

6月11日(金)夕方6時40分から日本共産党(いわき)演説会にお出かけください

 演説会のお誘いです。日時は、6月11日(金)夕方6時40分・平の文化センターです。お話する人は、大門みきし参議院議員、岩淵とも福島選挙区予定候補です。大門議員は、JP職員(日本郵政)の正規採用を国会で約束させました。経済の専門家で、世界でも落ち込んでいる日本経済をどうするか、具体的展望が聞けます。どなたも参加自由で無料です。お気軽にお出かけください。
写真は、ポスターです。

中国残留日本人孤児の支援を

 12日、中国残留日本人孤児への生活支援などを求めて運動している方、残留孤児の方が県議団控え室に見え県議団と懇談をしました。

  見えたのは日本中国友好協会福島支部理事長・福大名誉教授の長尾光之さんら3人と、残留孤児の浅野ナヲさんです。

 中国残留孤児とは60年前の第二次世界大戦中に、当時の日本政府が国策として、いわゆる満州(中国の東北部)へ多くの日本人を移民政策として送りだしましたが、終戦によってとり残された子どもたちのことです。

 男の人は戦争で兵隊にとられ、残された子供、女性、お年寄りの方々がソ連の攻撃にさらされる中で悲惨な逃避行を続け多くの人が死んでいったのです。親や保護者を失った多くの子どもたちが中国大陸に残されました。

 日本と中国との国交回復が1972年にあり、その後9年も過ぎてから残留孤児の訪日調査が始まり、帰国ができるようになりましたが、帰国しても年齢が高いため言葉の壁などで就職できず孤独で貧しい暮らしをしている人が多くいます。中国で育ててくれた養父母に会いに行くのにも費用もないという暮らしと言います.「日本人として尊厳のある生き方をしたい」と運動しています。

 私も満州生まれですが、幸いにも親がいて私を連れて終戦直後に引き上げて来ることができ今日があるのですが、母親から引き上げ時の話を聞くたびに胸が痛くなりました。

 また、私の同級生は引上げの逃避行の中で生まれ、その母親・兄・姉も死に、ただ一人残された父親に連れられて引き上げて来たといいます。

 私が日本共産党の活動をするきっかけになったのは、このようなことを引き起こす戦争を二度とさせないということです。そのために、命をかけて戦争に反対した唯一つの党である日本共産党を大きくして戦争を繰り返させないことだと思ったのです。

 残留孤児の人間回復を多くの方々が支えています。テレビでも放映された「大地の子」に出た仲代達矢さん、お母さんのことを描いた「赤い月」のなかにし礼さんも支援しています。多くの本も出ています。

 県議団としても神山団長などが様々なかたちで県などに働きかけ残留孤児を支援してきましたが、今後とも力を尽くしていきたいと思います。

 写真は支援者のみなさん・孤児の方と懇談している県議団です。