「なんだか怖いよね最近の政治」と対話がはずむ・赤旗新聞のおすすめでの対話

10月31日、近所の人に赤旗新聞を購読してくれるようにおすすめしましたら「なんだか怖いよね最近の政治」とかえってきました。憲法9条改正を目指す勢力が次々と台頭してきていることになんとなく心配しているようでした。
今日、自民党の代表質問を聞きましたら抽象的なことばの多い中でもこのことははっきりと表れていました。今回の衆議院選挙は天下分け目の大決戦ですね。

写真は、立派な根っこ。

後援会いも煮会 、50年・30年党員のお祝い会、6年生と2年生の学習発表会

10月27日、とてもよい天気でした。常磐・内郷・好間地域のいも煮会が湯の岳山荘でありました。紅葉の景色の中、市議選の勝利をみんなで喜びあい衆議院選挙でも頑張ることを決意しました。
写真は、左から長谷部県議・吉田えいさく小選挙区予定候補・溝口市議・私・後援会佐藤さんあいさつ。

写真は、湯ノ岳山荘でいも煮会


また、午後からは50年・30年党員のお祝い会をしました。ちなみに私は43年党員です。

写真は、永年党員お祝い会で御挨拶

6年生と2年性の孫の学習発表会でしたが忙しくていけませんでしたので夜ビデオで見ました。

6年生の方は演劇「母さんの樹」でしたが、7人の息子のうち6人を戦争で亡くした話で、「日本の母さんが弱かったからじゃ、戦争は嫌じゃと言えなかったからじゃ」と言うセリフのところに泣き声が入っていました。

憲法9条を公然と変えろ言う勢力が台頭してきています。時代錯誤と言うだけにはいきません。世論で鉄槌を。

写真は、6年生の学習発表会「母さんの樹」

「政策をしっかり言う政党は共産党だけだ」と励ましが、朝の定点街宣で

10月26日、朝の定時定点街宣に「福島県浜通り・5区小選挙区予定候補・吉田えいさくさん」が参加しました。マスコミをにぎわしている人も多いが、政策をしっかり言う政党は共産党だけ、頑張ってくださいと早速励ましが。原発の重大被害を受けた福島県の役割は大きいです。とにかく誰にでも「共産党と書いてください」と言っても何の違和感もありません。

写真は、吉田えいさく・浜通り5区小選挙区予定候補と

毎日夜8時から9時頃まで休日なし・年内の全袋検査を目指す・JAいわき勿来


24日、ご近所のJAいわき第5営農経済センター(JA菊田)を訪問し、米の全袋検査の状況を見せていただきました。大きな倉庫では7人の方とリフトの方や軽トラックの荷降ろしの方とみなさん忙しそうに働いていました。検査に訪れた勿来町で2町歩・200袋の検査をするという方は、予定より1週間早くなった、それでも産直でやっている分が遅くなると言います。放射能検査と格付け検査と両方バラバラにやるので大変だとも言います。


センターの安島課長は、毎日夜8時から9時ころまで休みなくやっています。何とか年内完了を目指したいと言います。県の計画では毎日2000袋というが、これだけやっても1200袋が精一杯、それに毎日均等に検査に来るわけではない、1袋の集配費用は200円だが半分も賄えない、集配をやってもらう業者もなかなか獲得できない、高齢者も多い中で軽トラックでないと入れない田も多いのでと言いました。県の計画と実際の状況と比べて改善することが求められています。

写真は、JAいわき第5営農経済センター(JA菊田)での放射能全袋検査

「東京の娘のところに・会津鉄道~野岩鉄道~JRで浅草へ」・会津は0、04μシーベルト

22日~23日、久々東京にいる娘のところに。まず高速バスでいわき~会津若松へ・会津鉄道~野岩鉄道~JRで浅草へ。大内宿・塔のへつり・大川ダム・湯野上温泉などを通って行きます。常磐線で東京に行くより4倍(時間)乗っても料金はこちらの方が安かったです。会津は列車の中でしたが、0、04μシーベルトでした。

会津鉄道はお座敷列車で、景色のいいところはなんと列車が止まってくれるのです。車掌さんは定年退職されたおじいちゃん風で売り子さんは地元なまりの親切な方でした。

写真は、会津鉄道お座敷列車


写真は、湯野上温泉駅

写真は、会津の風景

「安全神話に取り込まれた保安院から規制庁に大量の職員が移ったが規制はできるのかの質問に、懸念はあるが肝に銘じてやると」・「東電は福島原発全基廃炉は未定」と・エネルギー政策議員協議会

19日、エネルギー政策議員協議会が開かれ、発足して1か月の原子力規制委員会と東電を招いて会議が開かれました。長谷部議員が、「安全神話」に取り込まれた保安院から規制庁に大量の職員が来たが規制できるかとの質問に、原子力規制庁の山本哲也審議官は「懸念はあるが肝にめいじてやる」と答えました。


午後からは、東電です。広瀬直己社長ほか小森明生福島第一安定化センター所長などが出席しました。福島県は全基廃炉を目指しているが東電の考えはどうかの質問には「未定」と答えました。

写真は、原子力規制委員会の質問に立つ長谷部議員と傍聴する県議団

「県内自主避難者支援は県内部で検討中」・「沖縄のように県民大会を!」、ふくしま復興共同センターが知事に要望

18日、福島復興共同センターが佐藤雄平知事に申し入れを行いました。「原発をなくし安心して住み続けられる福島」を目指す要求書で10項目にわたります。
県内自主避難者支援では、厚労省は応急の対応だけなので災害救助法は適用できない、東電の賠償もむづかしいと言い、現在県内部で検討中と答えました。市町村職員の増員、細かいメッツュ(50メートル四方)での「汚染マップ」作製、除染作業での地元業者への発注、県内子どもの発育状況野調査と健やかに成長できる環境づくり、賠償金非課税になど重点的に話し合いました。
最後に「沖縄のように県民大会を開くべき」という意見も出ました。

写真は、県議団も要望と懇談に参加

「すべての子どもに甲状腺検査を・半年に1回は継続実施を」母親連絡会県と交渉

18日、第55回福島県母親連絡会が佐藤雄平知事に申し入れを行いました。「すべての子どもに甲状腺検査を・判定ランクにかかわらず半年に1回は継続実施を」と緊急要望をしました。また、母親大会で出た要望・19項目について申し入れと意見交換をしました。国言いなりでは進まない国にはっきり言ってほしいと求めました。
写真は、申し入れと意見交換,、申し入れに参加しました

「警戒区域」から解除され「避難指示解除準備区域」になった楢葉町を伊東さんの案内で調査

16日、全国原発問題住民運動連絡会筆頭代表・伊東達也さんの案内で、いわき市の北隣・広野町を通って、そのまた先の楢葉町を日本共産党県議・市議・地区役員で調査をしました。楢葉町は8月30日に「警戒区域」から「避難指示解除準備区域(入れるが泊れない)」にされた町です。荒れ放題の家々と町と田畑、田んぼは「せいたかあわだち草」でまっ黄色でした。稲の黄色とは違うグロテスクな感じでした。

写真は、原発で閉鎖されている常磐線・竜田駅・郵便ポストも閉鎖


写真は、津波で家の影もなくなった楢葉町の浜


写真は、稲の黄色ではなくせいたかあわだち草の黄色・一面あわだち草だらけです


写真は、この先は原発で、これより北は行き止まりになっている常磐線広野駅


写真は、かつてのサッカー練習場のJビレッジ・東電が原発増設の説得のため地元に130億円で寄付したもの・今は原発労働者の前線基地・毎日3000人がここから原発に仕事に行きます


写真は、同・倉庫等


写真は、同・働きに来ている人の駐車場


写真は、同・入り口・かつての試合の写真・岡田監督がビールをかけられ歓迎されています。今では夢のあとです。


写真は、楢葉町中高一貫教育施設の前で伊東達也さん(全国原住連筆頭代表)の説明・プロのサッカー選手を目指して学んでいたであろう皆さんはどこに行ったのでしょうか


写真は、同施設前は、0、36μシーベルト

写真は、荒れ果てた宝鏡寺まえ・住職の早川さん(原発問題福島県民連絡会)は原発が作られる40数年前から原発建設反対・建設やめよの裁判を戦い、建設されてからは毎月安全運転を求め東電交渉に、それなの原発災害で避難を余儀なくされました。無念な思いは人一倍でしょう。これでも一度草を刈ったと言います、刈る前は背丈以上だったとのこと。


写真は、宝鏡寺の本堂内で説明を受けました