「海を汚さない・全基廃炉を・タンクの安全に万全を・労働者に危険手当を」と東電の広瀬社長の対応をただす・全員協議会

DSC_1585

30日、福島県議会全員協議会でした。私は日本共産党県議団を代表して広瀬直己東電社長に「海を汚さない・福島原発全基廃炉を・タンクの安全に万全を・労働者に危険手当を」などを質問しました。また、安倍首相が、汚染水は完全にブロックされている完全に安全、などという事に社長も同調している、県民は不信感を募らせていると迫りました。また、柏崎刈羽原発の再稼働申請は汚染水問題に集中しないことになる点でも問題とし、東電は企業防衛の立場でやってきて当事者責任を果たせないとして破たん処理が必要と指摘しました。

DSC_1553

写真は、東電の広瀬直己社長に質問

DSC_1597


国に対してはっきり、日本共産党の代表質問は宮本しずえ議員

DSC02148

27日、日本共産党の代表質問は宮本しづえさんでした。消費税増税、秘密保護法、社会保障制度改革、TPPなど、安倍政権の暴走をただしました。ここだけは他党はやじります。そして自分たちの質問では何も言いません。国に対する姿勢がないから胡椒のないラーメンみたいな感じがするのですが・・。

質問のメインは汚染水問題をはじめとした原発事故対応です。国によるステップ2完了に基づく事故収束宣言について、ステップ2どころか「放射線量が着実に減少傾向となっている」とするステップ1すら達成されておらず、「ステップ2完了はしていない認識に立ったうえで、事故収束宣言の撤回を政府に求めるべき」と迫りました。知事は、この間の政府の言動などから「事実上、事故収束宣言は撤回されているものと認識している」と答弁しましたが、宣言撤回を求める姿勢はありません。

写真は、宮本議員の代表質問

P9276700

写真は、傍聴に見えたみなさんにご挨拶


汚染水等対策等について国を呼んで全員協議会・いわき新市長来訪

25日、日本共産党県議団がかねてから県議会で、国と東電を呼んで汚染水問題での質疑を求めていましたがやっと実現しました。25日は国で30日は東電です。今日は神山議員が原子力規制庁・山本哲也審議官、同・小坂敦彦統括管理官、経産省エネ庁・糟谷敏秀特別対策官、同事故調整官に質問しました。
党の「緊急提言」に基づきながら11分間の質問です。安倍首相の「完全にブロック」発言もどの会派も問題にしましたが、「放射性物質の拡散が物理的にブロックされているわけではなく、影響がブロックされている、と理解している」と詭弁を繰り返すばかりです。海水モニタリング数値がその証拠と言うますが影響がないという根拠がありません。影響は海水だけではありません。
事故収束についても、「収束しているとは認識していない」と言いながら、宣言撤回をする意思は示しませんし、第二原発廃炉も「事業者が判断することになる」と言うばかりです。全然国が前面に立っていません。

DSC_1462
写真は、質問する神山悦子県議

DSC_1501
写真は、質問する阿部裕美子県議
阿部議員は、文科省・田口康原子力損害賠償対策室長代理、同・森本英雄原子力損害対応室、環境省・関谷毅福島環境再生事務所長、同・丸山淑夫福島復興局長に質問しました。賠償と除染問題です。精神的賠償問題では実状を切々と訴えての質問でした。

P9246675
写真は、控室にあいさつに見えた清水いわき新市長


沖縄米軍が出したPCBの処理をなぜ福島県で?疑問の声!

沖縄米軍が出したPCBの処理をなぜ福島県でしなければならないのかなど、沖縄からの心配の手紙、いわき市民からの心配の声が届いています。いわき市の話では(いわき市は中核市なので産廃関連の権限はいわき市に)ルールにのっとっているので問題なしとしています。

002

23日付の赤旗新聞では、沖縄の米軍基地から出た大量の有害廃棄物のPCBを沖縄防衛局と航空自衛隊が発注し、いわき市のクレハ環境が処理をすることになったことが分かったと報道しています。処分されるのは、沖縄恩納通信所の汚水処理槽から出たPCB汚泥104tドラム缶694本と、米軍から引き継いだ航空自衛隊恩納分屯基地の汚水処理施設の汚泥から出た218t同1100本で、合わせて322tドラム缶1794本です。7月22日、一般入札を行いましたが、いずれもクレハ環境が落札し、金額は3億9500万円とのことです。

環境省は実証実験で基準値より低いことを確認したと言いますがどのような内容か、原発事故を受けているのになぜ福島県か、米軍が出したものをなぜ日本がやるのかなど疑問の声が上がっています。

写真は、米軍PCB処分を福島県いわき市のクレハ環境で行うと報道する赤旗新聞(9月23日付け)


汚染水議会始まる・国と東電も呼んで質問

012

24日、福島県議会9月定例議会が開会されました。今議会は原発汚染水問題がより深刻になった事態の中での議会です。かねてから日本共産党県議団が議長に、国と東電を読んで議会で質すべきと求めていたものがやっと今議会で実現しました。
日本共産党の質問日程は、25日(水)全員協議会で国に対し神山県議(午前)・阿部県議(午後)が質問します。27日(金)宮本県議が代表質問(午後1時)です。30日(月)全員協議会で東電に宮川が(午後)質問します。10月1日(火)長谷部県議が一般質問(午後3時すぎ)です。8日(火)神山県議が総括質問です。議会は10月9までです。

写真は、本会議開会。知事提案理由説明で安倍総理は「IOCで言った通り政府が完全に責任を果たすという国際公約をしっかり守ってほしい」と言い、「復興法人税の早期廃止は・・・慎重に検討すべき課題だ」と大きな声で言いました。

076

写真は、週刊誌も安倍総理発言批判(日刊現代10月5日号より)。

073

写真は、全員質問なのでみなさん必死で質問準備。

P9246684

写真は、畜産関係団体連絡協議会が要望書を持って見えました。風評被害も賠償も大変で経営が成り立たない。支援してほしいと要望されました。


亨年22歳・26歳・29歳・・・・戦死者の石碑。お墓参り。

DSCN9113

23日はお彼岸です。お墓参りに行きました。お墓の入り口には68年前の戦争で亡くなった方の石碑が建っています。亨年22歳戦死・26歳戦傷死・29歳戦病死・・・・と戦死者の石碑があります。憲法改正や集団的自衛権など戦争する国に舵を切ろうとしている自民党安部政権ですが、戦争で殺し殺されるという事をどう考えるか家族で話し合うのもお彼岸でしょうか。

写真は、お墓入口の戦死者の石碑

DSCN9122

写真は、草をむしって水をかけて線香あげてりょうご君

DSCN9117

写真は、お墓入口の彼岸花


第一回いわき原発被害裁判・報告集会

DSCN9110

元の生活を返せ・原発事故被害いわき訴訟の第一回裁判がありました。私は議会対策と要望聴取会があったので、夜の報告集会に出ました。弁護士や陳述者や傍聴者の報告がありました。
この裁判は、強制避難の地域でない、そこに隣接しているいわき市民の訴訟です。

①陳述者の一人は大震災の余震が続く中で出産し、原発事故で物資が入らず生まれた次の日退院せざるを得ず生まれたばかりの子どもを抱いて放射能の心配をしながら逃げ惑ったことなど、ミルクもなく母乳も出ず命懸けで避難したこと②もうひとりは小名浜育ちで自然と海が好きで新鮮な多くの魚と山菜、同僚とのしし鍋・鶏鍋の楽しみを奪われた悔しさ、子どもの健康のこと③アレルギーをもつ子どものために自然豊かないわき市に移り住むことになって一生ここで過ごしたいと決めていたのに、毎日心配をしながら暮らしているなどで、とても言い切れない思いを話していました。

写真は、夜の報告会

第一次訴訟原告団は、822人(私も入ってます)で、いま準備中の第二次訴訟団は260人で増えているとのことです。賠償の会の会員と原告団になる方を募集中とのこと。

会の連絡先は、電話 0246-27-3322、fax0246-68-6771です


命にかかわる事態の生活保護費削減、県は87世帯・国は7600世帯が審査請求

DSC_2542

17日、生活保護費削減は命に係わる事態と削減に対する行政不服申請を福島県では87世帯の方々が県社会福祉課に申し立てしました。全国では7600世帯です。病気で勤めを辞めざるをえない、子どもたちに栄養のある食事を、頼る身寄りもいないなど深刻な例も多く、また物価の値上げや年金の削減などより厳しい環境の中での削減は人間らしく生きることもできない状況につながっている状況です。

写真は、県の社会福祉課に不服申請

DSC_2544

写真は、集まった皆さんにご挨拶


共産党志位委員長「汚染水問題危機打開の緊急提言発表。各団体の要望聴取会

17日、日本共産党の志位委員長は、原発への態度や将来のエネルギー政策の違いを超えて、汚染水問題にすべての政党・科学者・技術者・産業界の英知と総力を結集しようと呼びかける提言を発表しました。提言の内容は〇放射能で海を汚さないこと〇現状の徹底調査公表と終息宣言の撤回で非常事態という認識の共有〇再稼働と原発輸出の停止でもてるすべてを集中する〇東電を破たん処理しコスト優先と安全なおざりを正すです(詳しくは共産党のホームページをご覧ください)。
共産党福島県議団は早速、知事・県議会議長・他会派・各部長に提言を説明しともに力を合わせることを呼びかけました。

DSCF3209

写真は、内堀副知事に「共産党志位委員長・汚染水問題危機打開の緊急提言」を説明

DSCF3221
写真は、同提言を斉藤議長に説明

DSCF3227
写真は、同提言を自民党会派に説明

DSCF3205
17日、日本共産党県議団は、来年度予算要望を中心に各団体からの要望聴取会を行いました(~20日までです)。
写真は、要望聴取会・腎臓病協議会から説明を受ける

DSCF3196
写真は、要望聴取会・夜間中学を作る会から要望を受ける


50年・永年党員顕正会・私は44年。共同センター署名

DSCN9104

14日、日本共産党いわき双葉地区委員会の50年・永年(30年)党員の顕正会がありみんなでお祝いをしました。満州(今の中国の東北部)で終戦を迎え戦争反対で頑張った共産党に入ろうと誓った人、共産党の看護婦さん仲間の素晴らしい仕事ぶり人柄に触れて入った人、文化活動や赤旗新聞を通じて共産党にあった人など、真面目に一生懸命そして苦労の中でも楽しく活動してきた話を聞いて元気をもらいました。ちなみに私は23歳の時入党したので今年で44年です。

<写真は>50年・永年・党員顕正会

DSCN9101

<写真は>共同センター「憲法9条守れ」の署名の協力を訴える伊藤浩之市議・私。今回の署名は若い人が関心を持って自ら寄ってきて署名をしてくれたのが目立ちました。集団的自衛権も話題になりました。

DSCN9099